菊池美佳子のオトコを甘やかすな!

様々なナイトワークを経験した菊池美佳子さんが連載するセックスにまつわるコラム。数多くの男性と交わってはきたものの、最近「賢者タイム」気味だという菊池さん。甘いセックスをするために、オトコを甘やかさない秘訣を伝授してもらいます。

菊池美佳子のオトコを甘やかすな!
sex

10人中10人の男性が感動!リピート率ほぼ100%のセックスパフォーマンス

  • 「セックスがプロ並み」は有利か?  筆者の知人に、メイクがプロ並みに上手い女性がおりまして。彼女が本気でメイクすると、そりゃもう別人レベルな仕上がりになるわけですから、合コンのように初対面の男女が知り合う場では有利なのだと思います。 ...
  • 2017.05.22
sex

「10分間セックス」で濡れるの?愛液に関する3つの解決法

  •  先々週、キッスも前戯もオーラルプレイもすっ飛ばして、挿入だけ実施する10分間セックスの話を書きました。お読み頂いたかたから、「濡れるのか?」「痛くないのか?」との疑問をちょうだいしましたので、今週は「愛液」をお題に掲げたいと思いま...
  • 2017.05.15
sex

イチモツは振れるのに、なぜ話は振れないの?男性の思考回路

  • イチモツは振れるのに…  先日、担当編集I嬢より、以下のような質問を投げかけられました。 I嬢:「男性って『話を振る』ことができませんよね……」 筆者:「『話を振る』とは?」 I嬢:「女性同士だと、自分の近況を話した後は『○○ちゃん...
  • 2017.05.08
sex

前戯なんぞどうでもいい!キスフレならぬ「挿入フレ」のススメ

  • キスフレならぬ挿入フレ  すでに自分が乗り越えたハードルを、いままさに越えようとしている人を目の当たりにすると、温かく見守りたいような母心が芽生えます。たとえば、「彼氏の前戯が手抜きで超・不満!」とボヤいている婦女子に遭遇したとき。筆...
  • 2017.05.01
sex

セックス時に「電気を消して」と言うのは女性ばかり!男性の見せたい「心理」

  •  4月前半までは、「本当に春ですか?」「まだ冬なのでは?」とツッコミを入れたくなるくらい肌寒い日が続いておりましたが、4月後半に入り、ようやく春が本気を出し始めましたね。暖かくなると増えるのが露出狂です。というわけで今週は、「見せた...
  • 2017.04.24
sex

「セックスすると好きになっちゃう」は認知的不協和?女子あるある心理学

  • セックスすると好きになっちゃう心理  ひと昔前に比べると、「心理学」がだいぶ身近な存在となった昨今。その筋の専門家さんが、テレビや雑誌などのメディアに登場し、我々一般ピープルにもわかりやすく解説してくださるようになった影響でしょう。イ...
  • 2017.04.17
sex

デートはセクキャバ!?時代とともに変わる「セックスに関するお悩み」

  • 2種類の悩み  今週は「悩み」について書こうと思います。一説によると、我々人間の悩みはたったの2種類だけなんですって。その内訳は、「お金」と「人間関係」。「いや、私の悩みはなかなか痩せないことなんですけど」って思う人もいるでしょう。そ...
  • 2017.04.10
sex

コンドームを装着する男性に敬意を!私たちの感謝のしるし

  •  【昔はパイパンがめずらしかった!?「10年後のセックスの常識」を大予想!】を読んだ知人から、「10年後、コンドーム以外の避妊方法ができていたらおもしろいな~と思います」との声が寄せられました。確かに、「挿入前にシュッとひと噴きするだ...
  • 2017.04.03
sex

高学歴と低学歴のセックスは違う?「暇な女子大生」ブームに思うこと

  •  担当編集I嬢より、「エリートとするセックスの醍醐味とは?」との疑問を投げかけられました。最近某SNSで、東大出身のエリート男性とだけセックスする女子大生さんのアカウントが爆発的人気を博しているとのこと。なるほど、世間一般の婦女子が、...
  • 2017.03.27
sex

男性がセックス中にあえぎ声を出さない理由と、女性が声の大きな男性を求める心理

  • 【女性が恋愛で不安になるのは優先順位が高いから!では男性が不安になることは?】の校了時、久々に担当編集I嬢の名言が飛び出しました。 「男性って、自分のセックステクニックにすごくこだわりますよね」 「しかも自分のセックステクニックに不安...
  • 2017.03.20
童貞の疑問を解決する本

ライタープロフィール

菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など