菊池美佳子のオトコを甘やかすな!

「次はいつ会える?」セックス後の不安を楽しみに変える方法

セックスのあと、女子は先のことを考えがちで不安にもなりやすい。でも、そんなときだからこそ目を向けてみたいのがセックス前にちょっとばかし口をつけた缶チューハイ。セックスのあとにゆっくりと余韻に浸るきっかけはそこらじゅうにあるのです。

男が残したもので余韻に浸る

菊池美佳子 セックス ヤリチン セフレ
©miss.killer!

「3度のメシよりビール好き」を公言している筆者ですが、ビール以外のお酒を飲むことがあります。男性をお持ち帰りする際、「何か買って行こうか」とコンビニに立ち寄るときって、ビールではなく缶チューハイを買うことが多いです。ビールはすでに、飲み屋でたらふく飲んできているため、ビール以外のものが飲みたくなるのでしょう。

 こんなふうに買ってきた缶チューハイって、一応カンパイはするけれども、飲むのはせいぜい一口か二口。三口目をつける前に、ベッドに移ってセックスする流れになります。酒はすでに、飲み屋でたらふく飲んできておりますから。

 そして翌朝、男性が帰った後、テーブルには飲みかけの缶チューハイが残っているわけです。最近、筆者はこの残った缶チューハイを、冷蔵庫で冷やし、その日の晩(つまりセックス翌日の夜ということになります)飲むのがマイブームになっております。

 飲み残しの缶チューハイを飲むだなんて貧乏臭いというご指摘はごもっとも! 炭酸が抜けて美味しくないだろうというご指摘もごもっとも! ええ、確かに美味しくないです。でもね、美味しくなくても良いんです。普段はビールしか入っていない我が家の冷蔵庫に缶チューハイが入っている、そして普段はビールしか飲まない自分が缶チューハイを飲んでいる……このことで、「昨夜の私はセックスをしたのだなぁ」と、余韻に浸ることができるんですよね。

 飲み残しの炭酸が抜けた缶チューハイのツマミは、昨晩コンビニで缶チューハイと一緒に購入した柿ピーです。購入はしましたが、その柿ピーが開封されることはほぼないです。セックスする気満々の男女にとって柿ピーは、歯に詰まるというデメリットを伴う食べ物ですからね。だったら何故買うのだとツッコまれそうですが、筆者は柿ピーが大好きで、柿ピーを見ると買わずにはいられないのですよ。余談ですが、得意料理は、柿ピーの乾煎りです。フライパンを強火で熱し、油を敷かずに1~2分煎れば出来上がり! 料理と呼べない料理ですが、美味しいので是非お試しあれ!