菊池美佳子のオトコを甘やかすな!

「都合のいい女にはクンニしない」に喝!社会一丸となって男を甘やかさない世の中に

菊池美佳子さんの新連載がスタート!今回のテーマは「甘いセックス」女が譲歩しすぎてナマケモノ化したオトコたち…これは忌々しき事態!甘いセックスを求めて社会一丸となって団結しましょう!

 AMをお読みの皆様、ご無沙汰しております。7月まで、【犬棒カルタに学ぶセックスライフハック】を連載しておりました菊池美佳子です。このたび、縁あって再びチンを……じゃなくてペンを握る運びとなりました。どうぞ、よろしくお付き合いくださいませ。

「甘いセックス」をするために必要なこと

菊池美佳子 セックス 犬棒カルタに学ぶセックスライフ 京都 大阪 セックス 即ハメ アナルファっク フィストファっク スカルファっク 夢 デート 初デート
by Patrick Mölley

 新連載のテーマは、「甘いセックス」です。
当初は女子分析テーマで書く流れになっていたのですが、考えてもみたら私、女子よりも男子のほうが好きなんですよね。マンよりもチンが好きなんですよね。分析するなら女子よりも男子のほうが、筆が乗るのです。マンを分析するよりも、チンを分析したいのです。
ですがチン分析は、前々連載の【とある夜の教訓】で思う存分書かせて頂きました。そこで、思いきった方向転換として、「甘いセックス」を新テーマに掲げた所存です。

 我々おなご衆は、甘いセックスが大好きですからね! 「しょっぱいセックス」や「すっぱいセックス」より、ダンゼン「甘いセックス」でしょ。
では、「しょっぱいセックス」や「すっぱいセックス」を回避し、「甘いセックス」に漕ぎ着けるにはどうしたらいいのか? 答えはカンタンです!

オトコを甘やかさないこと!

 このひと言に尽きます。

 ここ数年、我々おなご衆は、ずいぶんとオトコを甘やかしてきました。「愛されるおなごになるための9つのメソッド」的な……と言えば、なんとなく伝わるでしょうか。
具体例を挙げましょう。「オトコは、『土曜日の19時、イタリアンレストラン○○にて』など、前もって約束を交わすのが不得手。よって、『今からメシ行こうぜ!』などの急な誘いにも二つ返事で応じなければならない」など。要するに、「オトコに気に入られるには、己を殺してでもオトコに合わせなければならぬ!」みたいな風潮ですよ。

 まぁ、こういう風潮になった理由はよーくわかります。
時代は21世紀ですもの。現代人の価値観が多様化し、恋愛や結婚などに価値を見出さないオトコがじゃんじゃん増えてきているわけです。お年頃になったら恋人を作り、自然な流れで結婚する昭和とはワケが違うのです。
そのため、「恋愛とか結婚とかしなくてもちゃんちゃら平気だぜ」ってスタンスのオトコを落とすべく、おなご衆は「ごきげんとり行動」を起こし始めたのです。