途切れもなく恋人がいる人の理由「吉野家もハチャメチャに美味しいやんか!」

かえざんまいの病まない恋愛ざんまいサムネイル画像

こんにちは!かえざんまいです。

もしかしてだけど〜!(もしかしてだけど〜!)
もしかしてだけど〜!(もしかしてだけど〜!)
それって股間をさすってるんじゃないの〜!!

やりました。お待たせいたしました。ついに抱腹絶倒ギャグを出しちゃったかえざんまいちゃんです。ビックリしましたか?私はビックリしました。画面の向こうに皆さんの輝く笑顔が見えてビックリしました。

ビックリといえば、今年も夏が終わりに近づいています。というか、終わりましたね。
夏が終わるってビビりますよね。ああん!夏が来る!痩せなきゃ!!急げ急げ!!水着どれにしようかなぁ!?海行っちゃう!?BBQやっちゃう!?ナイトプールいっちゃう!?新しい出会い巻き起こしちゃう!?夕日が沈みゆく海岸沿いでkissしちゃう!?
そう胸に期待を膨らませていたあの頃は遠い昔のことのよう。ビビります。夏は終わります。 私の夏は「ビールがいつも以上にうまかった」以上です。最高。

吉牛を「普通にうまい!!」と思える能力

さて、みなさん今年も例年どおり「出会いがなかった」とか言ってガッカリしているかもしれません。いつだか忘れましたが「出会い」について書きました。でも伝えきれない想いがまた湧いてきてしまいました。本当にみんな言い過ぎなんですよね。「出会いがない」と。果たして、本当に出会いってないんでしょうか。

周りを見渡すと、とっかえひっかえで恋人を変えている女の子って結構いますよね。
その人たちって、ぶっちゃけ、ブ…じゃなくて、特別カワイイわけではなかったり、たくさん出会いがありそうな環境に身を置いているわけではないと思うんです。
では、なぜ途切れもなく恋人がいるのでしょうか。

私は考えました。彼女たちは「多くを求めない」という特徴があります。そりゃ、和牛の高級すき焼きが食べたいですよ。でも、まあお腹すいたし、吉野家で牛丼でいっか、吉牛普通に美味しいしな。えってか待って。あれ?よく考えたら吉牛、お腹空いてるからハチャメチャに美味しいじゃんか。うわうま!卵と合いすぎ!!紅ショウガも惜しみなく乗せたりなんかしちゃって!?いいのかな?これ合法かな?はあ…吉牛…君に出会えてよかった…kiss…

という思考を持っている、一種の才能があります。これは「妥協」というネガティブなものではなく、「その場で手に入るもので満足することができる」というポジティブなものです。

「出会いがない」と言っている人たちは、「そんなに高望みはしてないんだけどなぁ…」と言いつつ平均以上の高身長、平均以上の高学歴、平均以上の高収入、平均以上の爽やかさ、平均以上のイケメンで平均以上の優しさを持っていて平均以上の清潔感を持っている、結局総合的に見たらランクB以上だろって男しか「男」ではないのです。さらにそんな彼が偶然落としたハンカチーフを拾ってくれるような展開のことを「出会い」と呼んでいる気がします。そうですね、ありえませんね。

もっというと、その男が、結構早めの段階で自分に好意を持ち、デートを誘ってくれるところからが「出会い」ですよね。ないですね。家庭的なパスタを作ったとしてもないです。大貧民のルール全く知らないのにマジギレしそうです。

「出会いがない」っていうのは、自分の中で勝手にブチ上げたハードルをピョンと越えてくる、恋の為末大のことを指している人が多い気がしますが、実はそれかなり難しいんですよね。

前後の連載記事