Loading...

お誘いの障壁「実家暮らし」はバラすな!非モテから大勝利する女への道

PR
Pairs 婚活 出会い ネット 写真 Daniele Zedda

 イケてる男性に、今話題の恋活・婚活マッチングアプリ「Pairs」 のプロフィールを添削してもらう企画・第2弾!

 前回は、第一印象に関わってくる「プロフィール写真」と「一言コメント」について、バッサバッサと斬ってもらって流血騒ぎでした…が、やはりその成果か、「いいね」の確度が上がってきましたよ。
“数撃ちゃ当たる戦法”と“自分をよく見せる誇大広告”がどんだけ無駄だったか…ああ、こんな私を見て殿方はスルーしてきたんだなと思うと恥ずかしすぎる。傷が浅いうちでよかった。

 とはいえ、私のプロフィールを見た記録(=「足あと」機能)を見みると、「いいね」を押さずに立ち去った人がまだまだ多い。せっかく写真が充実したのに、プロフィールが残念な仕上がりになっていることを自覚せざるを得ません…!

 そこで、第2回目は、自分の個性がブレない「コミュニティ」の正しい選び方と、つい簡単に済ませてしまう「詳細プロフィール」について重点的に添削してもらいました。
添削協力をしてくれたイケメン3人衆は引き続きこのメンツ!

Aさん:都内マーケティング会社勤め(20代後半)。女性扱いが上手で常に関係が絶えないが、結婚間近の彼女がいるとか! 関西特有の人懐っこさでモテる。
Bさん:広告会社のディレクター(30代前半)。高学歴で美食家な上に、サブカルも詳しいので、守備範囲がとにかく広いイケメン。
Cさん:人気IT企業のエンジニア(20代後半)。日本酒大好きでコミュ力も高いため年上女性からモテる。モード系ファッションを着こなすイケメン。

前後の連載記事