これからの「本当の恋愛」の話をしよう

アラサー女子が言う「出会いが少ない」の本当の理由

街ですれ違う異性の数も、名刺を交換したことのある人の数もどんどん積みあがって増えていくはずなのに、なぜか「出会いが少ない」「女性ばかりの職場」なんて言い訳に聞こえるせりふをよく聞きます。ファーレンハイトさんが分解するのは「出会えない」の本当の理由。

アラサー女子の「出会い」なんてどこにでもあるでしょ

ファーレンハイト 恋愛 コラム
©taymtaym

 さぁ、今日も人生のくじ引きのような本当の恋愛の話をしようか。

 アラサー女子のわりと深刻な悩みに<出会い>があると思う。
まったく出会いがない人もいれば、出会い自体はあるけどしっくり来ない人としか出会わないというパターンもあるかもしれない。
俺が二十代前半の頃、「年々、出会いは減る」みたいな話を聞いては「そんなもん自分次第だろ」と思ってたんだけど、三十を目前にしたいまになっては多少分かるようになってきた感覚ではある。

<出会い>
はただ知り合うことではないからだ。男と女が"何かが生まれうること"を前提として初対面を交わすこと。

 これが難しくなるメカニズムは俺が書くまでもなく、女性のほうが体感していると思う。
二十代前半のように簡単に浮つくことができない。恋愛と人生は直結していることが身に染みてくる。過去の恋愛が良くも悪くも自分を縛りつける。同世代の男性は、下の世代の女の子をチヤホヤする。結婚をすぐ考えていると男に見せたくない、けど考えてないはずはない。

 ナチュラルなスタンスで異性と接することが難しくなるーこれは本当に根深い。
学生時代から付き合ってきた恋人と20代中盤で結婚するカップルたち。彼女らはこういった感覚に向き合うことなく恋愛を終わらせることができている面では幸福な存在だ。

 さて、男の目線から<出会い>を客観的に見つめたとき、難しさはシンプルだ。"勝ちパターンがない"ことだ。

 まわりで幸せな出会いを勝ち取った人たちを見ても、パターンが一定じゃない。
友達の紹介でドンピシャ上手くいった。合コンで初対面からピンときた。居酒屋で声をかけられた。
上手くいったのは結果論とラッキーで、再現性もクソもない。

 だから、「いつか君も出会うよ」という言葉は「いつまでたっても出会わないかも」の裏返しとして響いてしまう。

 それでも俺が「出会い」についてアドバイスを書くとするならば、が今日の本題だ。