結婚相手に絶対必要なモノとは?/東大卒女子に再び婚活カウンセリング③

以前「なぜ努力してるのに結婚できないの?」東大卒女子に婚活カウンセリング①に登場してくれた、東大卒女子のAさん(30歳)
再カウンセリングの最終回は「結婚相手に絶対必要なモノ」について語りました!

グリップ力の見極め方

恋愛デスマッチ アルテイシア
by Leah Kelley

アル:私と夫はめったにケンカしないけど、2年に1回ぐらいはケンカするのよ。
そのたびに思うのは、話し合いできることも大事だけど、気持ちよく切り替えられることも大事だなと。ずっとネチネチ言われたら腹立つやん?

A:それは腹立ちますね!

アル:うちはワーッと言い合った後「たまにはケンカもいいもんだな!」とガッチリ握手、みたいな。

A:あはは(笑)、少年漫画みたいな。

アル:お互いジャンプ育ちだからね。でも私にとって一番大事なのは「グリップ力」。つまり、相手が私と別れたくないと思ってることだなって。
私なんか短気だから「クッソ離婚じゃ」とかすぐ思うんだけど。

A:ええっ?!

アル:思うだけでしないけどね(笑)。でも昔はメンがヘラッてて面倒臭い女だったから、元彼に「もういい!別れる!」とか言って「じゃあ別れよう」とアッサリ振られたりした。
一方、夫は「俺は別れる気はない!」とキッパリ言ってくれて「この人は離れていかない」と安心したことで、メンが安定したのよ。そういうグリップ力のある人じゃないと私は無理だった。

A:ああ…それでいうと、元彼はグリップ力がなかったですね。
男女平等だし合理的な性格だし、出会った時は「この人だ!」と思ったんです。でもいざ付き合ってみると、面倒臭くなったら「じゃあ別れよう」となる人でした。
私と付き合い続ける意思があれば、すれ違っても話し合って歩み寄ろうとしただろうけど「揉めるぐらいだったら面倒臭いから、言わないでおこう」みたいな。

アル:相手にグリップ力があるから、本音で話し合いもできるんだよね。

A:そうなんです!相手が「べつに別れてもいいや」と思ってたら、こっちも「わざわざ話し合いとかせず我慢しとこう」と思うし。それで結果的に不満がたまっていって…。
でも、グリップ力ってどうやって見極めればいいんでしょう?その源泉は「相手を本気で好きか」ですよね。

アル:うーん、それもあるけど、一番はその人の人に対する思いというか。
いわゆる情が薄いタイプ、「俺はべつに1人でもいいし、面倒くさいことはお断り」という人に対して冷たいタイプはグリップ力が低いと思う。
人間関係に面倒臭がりな男って、究極には自分しか愛せない男で、都合のいい女を求めるんじゃないかな。

A:おっしゃる通りで、元彼は人に対して冷たいところがありました。彼は理系の研究者だったんですが、後輩が悩んでても「自分には関係ない」みたいな。あと「友達の結婚式に誘われたけど、面倒臭いから断った」とか。

アル:面倒臭くても、人情として「祝ってあげよう」と思うやん?そういう友達や後輩への態度で、人に対する無関心さや冷酷さが垣間見えるよね。

A:わりと随所にそういうところがあって…付き合う前は「男尊女卑じゃないし、頭が良くて論理的に話ができていいな」と思ったけど、結局続かなかったですね。

アル:女友達が20代の時、仕事のできる頭のいい男と結婚したのよ。彼は転勤族だったんだけど、友達が「また転勤か、イチから生活も人間関係も作らなきゃいけないのか…」と言ったら「そんなことわかって結婚したんだろ?」って。
理屈ではわかってるけど、「感情」に寄り添ってほしいわけじゃない?

A:ほんとに!

アル:「大変だよな、ごめんな」ぐらい言えんのかと。
結局、彼女は耐えきれず離婚を切り出したんだけど、夫は「まあ仕方ないよね」とアッサリしたもので、いまや連絡先も知らないって。一回結婚した相手でも「もういいや、いらない」と手放せる人だったんだろうね。

A:元彼もそういうタイプでしたね。もし結婚しても、長い人生を一緒に乗り越えていけなかったと思います。

アル:その友達は離婚から学んで、30代で再婚したのよ。「元夫は強いけど冷たい人だった。今の夫はやや気は弱いけど、とにかく優しいし、私がいないと絶対イヤだと言ってくれるから」って。

A:なるほど…。でもそれって婚活でどうやって確認すればいいんでしょう?