別れた瞬間に死を祈ってもOK!元彼を成仏させる方法

永久歯は戻らないが、失恋で得るものもある

アルテイシア 結婚 一人 独身 女性 自己分析
mrhayata

 25歳の時、年上の某クリエイターに大失恋した私は頭がおかしくなりました。
ずっと憧れていた彼と付き合ったものの、セフレどころかデリヘル以下の扱いを受け、私が重くなるとチリ紙のように捨てられ…という経緯は『59番目のプロポーズ』『恋愛格闘家』に詳しいので、よろしければどーぞ。

 失恋後、ろくに睡眠も食事もとれなくなった私は、道に倒れて誰かの名を呼び続けるユリアをシンに奪われたケンシロウのような状態に。
見かねた女友達がコンパに連れ出してくれても「やっぱり彼じゃなきゃダメ…」と号泣しながら帰り、道ですっころんで前歯を折りました。

 げっ歯類じゃないので、失った歯は二度と生えてきません。ミルキーは差し歯を持ってかれるので食べられない。
けれども失恋後、自分と向き合ったことでわかったことがあります。

 私が好きだったのは「教祖として理想化した彼」であり、だからひどい扱いを受けても「本当の彼はそうじゃない」と信じたかった。
そんなふうに偶像崇拝したのは、自分以外の何かにすがりたかったから。自分を救うのは自分という覚悟がなかったから。
仕事に自信もなく逃げたかったから教祖の妻の座が欲しかったし、他人に人生を丸投げして乗っかりたかった。
結局、彼じゃなく自分の問題だった。

 人前では自立したキャリア女ぶりつつ、本音は男にぶら下がりたかった自分。
そんな自分はみっともなくて目を背けたかったけど、向き合わないと前に進めなかったと思います。
失敗は何度してもいいけど、失敗から学ばないと幸せになれない。私もさんざん失敗して痛い目に遭ったから、59番目の夫の良さに気づけたのでしょう。