妥協・花びら占い・ひとり相撲はNG!/闇落ちした元オクテ喪女に婚活カウンセリング②

 元オクテ喪女がセフレ沼にハマって闇落ち。衝撃的な事件によって目が覚めるも、婚活は迷走中。 そんな現状を何とかしたい!とメールをくれた、読者のKさん(29歳会社員)に婚活カウンセリングしてきました。

 前回とあわせてどうぞ。

「妥協」という言葉は失礼

恋愛デスマッチ アルテイシア
by Kristina Paukshtite

K:アルさんの「50年暮らす相手なんだから、こだわって当然」「妥協して結婚して不幸になっても誰も責任とってくれない」という言葉が胸に染みました。「結婚には妥協が必要」と言ってくる人が多いんで。

アル:そんな意見は信じない方がいいよ。そもそも一生を共にするパートナーに「妥協」という言葉を使うのが失礼でしょ。もし夫が自分に対して「妥協して結婚した」と思ってたらどうする?

K:そんな上からな男は絶対イヤですね!

アル:だよね、そんな相手とは尊重し合う対等な関係を築けないでしょ。
「妥協」じゃなくて「自分は何を譲れて何を譲れないのか?」を明確にすることが大切。

K:私もタラレバ病にかかって「結婚しなきゃヤバい!」と焦ってたけど、一番の目標は幸せになることなんですよね。幸せな人生を一緒に作っていけるパートナーを探したい、と思いました。

アル:そう、そして幸せは人それぞれだから。100人いれば100通りの幸せがあって、「自分にとっての幸せは?」を考えることが大切。それがわかれば、譲れない点もハッキリするし。
「とにかくセックスの合う相手がいい」って人もいれば「会話の合う相手がいい」って人もいて、本当に人それぞれだから。

K:私はそこがわかってなくてブレブレでしたね…。
あと相談したいんですが、私に寄ってくる男はカスばっかりですよ、彼女持ちとか既婚者のオッサンとか。これは自分に問題があるんでしょうか?

アル:Kさんはノリがよくて愛きょうがあるからだと思う。それは「親しみやすい」「話しやすい」という長所だけど、図々しい男に「俺にもイケるかも」と思われるんだろうね。

K:そうなんです!どいつもこいつも図々しいんだ、しばくぞボケ、殺すぞハゲ!って思う。

アル:あはは(笑)。まあスキがなくて近寄れないよりはいいけど、図々しいハゲも引き寄せてしまうので、言葉でブロックするといいよ。
「真面目にお付き合いできる人を探していて、遊びの付き合いとか興味ない」とピシッと宣言しとけば、不届き者を排除できるでしょ。

K:そういうこと言うと、重い女と思われるかなって…。

アル:そこで重いと思うような奴はいらんやん。

K:たしかに!「男なんてカスばっかり」と不信感が膨らんでたけど、ちゃんと自分で排除すればいいんですね。