• sex
  • 2016.12.04

セックスやオナニーよりも気持ちいい!?「夢イキ」をコントロールする方法

女性でも手を汚さずに「ひとりエッチ」が出来るって知っていましたか?世の中では「夢精」といって、寝ている間に快感フィニッシュしてしまう男性特有の現象があることは周知の事実ですが、女性でもこれに近しい現象の「夢イキ」をすることが出来るのです。そこで今回は、女性AVメーカーのコビルナの社長直々に伝授して頂きましょう。

ヤミツキになる「夢イキ」

ラ・コビルナ 女性向け セックス 潮吹き オナニー セフレ
by LyndaSanchez

 コビルナのバツイチシングルマザー社長の杉沢です。
何を隠そうセカンド処女の私は、娘を妊娠した4年前から一度もセックスしていません。セックスしてない癖にAMでは偉そうにセックステクニックを語っておりました。この場をお借りしてお詫び申し上げます。

 しかしながら、私には人には負けない特技があります。

 それは「夢イキ」です。

 男性の「夢精」は聞いたことがあると思いますが、女性にも起こることをご存知でしょうか?
この「睡眠中にエッチな夢を見てイってしまう」現象を「夢イキ」と呼びます。ネットのアンケートでは2~3割くらいの女性が経験したことがあるというデータもありますが、1度経験するとヤミツキになってしまうほどの快感で、現実のオナニーやセックスよりも気持ちいいと感じる人が多いといいます。ですが、「今日は夢イキしよう!」と思ってもなかなか出来るものではなく、そもそも見る夢をコントロールする事は困難です。

 しかし私はその夢イキを比較的自在に体験ことができます。
今回は、私流の夢イキのコツをご紹介したいと思います。

夢の中で「錯覚」させる!

①セックスやオナニーを我慢
 エッチな夢を見るには、体が欲求不満な状態であることが一番の近道です。
どのくらい我慢したら欲求不満になるかは人によって違いますが、道行く男性を性的な目で見始めたくらいがちょうどいいかもしれません(笑)。最低でもオナニーやセックスを1ヶ月くらいは我慢し、性欲を温存しましょう。

②タイミングを見計らう
 生理前や生理中、排卵日など、自分が一番性欲が高まるタイミングを見つけ、その日に照準を合わせてみると確率がアップします。

③寝る前にエッチな事をイメージする
 寝る前に、彼氏とのエッチや過去の気持ち良かったセックスを思い出したり、AVやエロ本を見て、イメージトレーニングをしましょう。(私のオススメは官能小説です)
ここで重要なのが、子宮がキュンと疼くくらいの妄想力が必要だということ!このままオナニーしたい気持ちをグッと堪えましょう。

④熟睡しやすい環境作り
 深い眠りに落ちていないと、夢すら見れなかったり、途中で目が覚めてしまったりします。誰かと一緒に寝ていたり、明かりやテレビが付いていると夢に集中できないので、一人で暗く静かな部屋で寝ましょう。
寝る時のポイントとしては、布団をしっかりかけることです。
なぜなら、夢の中での愛撫の刺激は、実はパジャマや布団だったりするからです。敏感になったアソコは、パジャマや布団で擦れることによって、クンニや手マンをされていると錯覚してしまうのです。

 最初の頃は、夢の中でセックスし始めると、あまりの快感で目が覚めてしまうことがあると思いますが、その時は諦めず、「続きが見たい!」と強く願いながら強引に二度寝すると、そのうち夢の続きが見れるようになりますよ。

 こうして私は、数々のイケメン芸能人や好きな人とのセックスを夢の中で楽しんできました。
とにかく「想像力」「妄想力」がカギになりますので、是非チャレンジしてみてください。

Text/女性向け映像メーカーla coviluna(ラ・コビルナ)スタッフ・杉沢

次回は <生挿入ジャンキーを殲滅せよ!男の言い訳とその撃退法>です。
気温も下がってくると「肌を重ねたくなる」気持ちが少なからず芽生えます。そして、男たるものあわよくば温もりを直に感じたいからといって「ナマ」でヤろうとしてくるものも増えてくるのが季節柄多くなってきます。そこで、今回はセックス護身術として、だらしない男の撃退方法を伝授します。