人妻は不倫の夢を見るか?

サイぜリヤの高いワインに挑戦する感覚で、憧れのイケメンに挑むのだ

若い人には「サイぜ」の呼び名で人気のあるファミレスの「サイぜリヤ」には一本数千円もする高級ワインが置いてあると言う事実を知っていましたか?お手ごろ価格な商品を提供するお店で少し背伸びをしてみる…これってもしかして「恋愛」でもよくあることではないでしょうか?そこで、今回は結婚記念日に鰻とロシア料理を召し上がった大泉さんの「身の丈感覚」の恋愛癖からみるイケメンの見方のお話です!

お手頃価格のお酒と男を求めてしまう

大泉りか 人妻は不倫の夢を見るか?
by Daniel E Lee

 そういえば先日、4回目の結婚記念日を迎えました。
昨年は鰻を食べて祝ったのですが今年もやっぱり鰻を食べました。といっても、お祝いのディナーはロシア料理のお店を予約していたので、今年は鰻はランチです。
去年はあんなに気合を入れて鰻に挑んだというのに、今年はさくっとランチ。わたしも偉くなったものです……

 といっても、今年チョイスしたお店は、去年のように少し張り込んだ老舗の鰻屋というわけではなく、リーズナブルなチェーン店でして、「よく通る道沿いにあって気になるから、せっかくのこの機会に行っておくか」くらいの感じで入ったのですが、やっぱり鰻、美味しかったです。

 昼は鰻、夜はロシア料理のコースなんて贅沢しちゃってごめんなさいね、と誰に謝っているのか自分でもわかりませんが、あまり贅沢をすると、わたしの中の小庶民が「調子に乗りすぎると、いつか足元を掬われるぞ!」と警鐘を鳴らすのはなぜでしょうか。
チェーン居酒屋に入ると、一杯ずつサワーを頼むことはせずに、必ずボトルと割りものセットを頼んでしまうし、イタリア料理屋でワインリストを見せられても、一番安いボトル以外を選ぶという選択肢はない。
決して裕福ではありませんが、かといってものすごく貧窮しているわけでもないのに、わたしには、ついつい「お手頃」を選ぶ癖がついてしまっているのです。

 こういう「身の丈感覚」が、食以外にも染みついてるのか、わたしはしゅっとしたイケメンが苦手です。
柴犬みたいに素朴な顔をしていて、かつ、ややむさくるしい男性が好きという前提があるんですが、その好みとはまた別に、しゅっとしたイケメンを見ると「お手頃ではない」と判断してしまって、恋愛の対象から除外してしまう癖があります。