• sex
  • 2013.06.19

愛され痴女必見!エロスイッチをオンにすればオーガズムは得られる!

自分の「エロスイッチ」、どこにあるかわかっていますか?中イキのために必須なのはオナニーだとアルテイシアさんは言いますが、しかし男性とはちがいときめかなくても触れば濡れるわけではないのが女性。ムラッとくるポイントをおさえた漫画から、実際使えるローターまで広くおさえておきたいところ。

第3回:オカズを使って、エロスイッチをライドーン!

 前回は愛され痴女になるための「オナニーの具体的な方法」を書きました。
(詳しくは「自己開発=オナニーを楽しんで、オーガズム女神に!」をご覧ください)

アルテイシア オナニー オカズ オーガズム
by Lies Thru a Lens

 女性のオーガズムは学習によって得られるもの。
自己開発によってツボを把握できるし、オーガズム力も高まって、セックスで男女双方の満足度を上げられる。

 こんなに嬉しいことはない…!!(byアムロ・レイ)

 といつも書いていますが、
私がどれだけ「オナニーすべし! イケよ国民!」と訴えても「そういう気になれなくて…」と返す女性がいます。
「なれなくて…」とか言ってるんじゃなくて「なる!」と主体的に取り組むのが、愛され痴女。

 主体的に性を楽しむ愛され痴女は、己のエロスイッチの入れ方も知っています。
女性は精神的なエロスイッチが入らないと、ビタ一文濡れません。
男性のように「こすったら勃つ」という簡単設計ではないのです。

 よってオナニーではオカズを使い、エロスイッチをライドーン!! する必要があります。
オカズの好みは様々ですが、私はエロ漫画や官能小説をよく使います。

エロスイッチを発動させるオカズとは       

 AVだと生身の男優さんが出てきて、大抵は亀田父みたいな黒光りしたオッサンだし、
ズバババッ!! と乳首を吸うバトル漫画みたいなプレイが繰り広げられ「笑止!」と叫んでしまう。

アルテイシア オカズ レディコミ フラグメンツ 山本直樹 エロ漫画 小学館
フラグメンツ
著者:山本直樹
発行:小学館
価格:¥1,260(税込)

 一方、漫画や小説だと自由にイメージを膨らませられます。
池上彰先生にいじめられる自分、とか想像できる(最近のお気に入りネタ) 漫画だと、過激系のレディコミをよく使います。
本屋で手軽に購入できるし、最近のレディコミはDVDもついてたりして、とってもお得。
山本直樹のエロ漫画とかも使います。BLでもたまに抜きます。わりと何でも来いです。

アルテイシア オカズ 官能小説 継母 藍川京 幻冬舎アウトロー文庫
継母
著者:藍川京
発行:幻冬舎アウトロー文庫
価格:¥520(税込)

  活字だと、藍川京という女性作家の官能小説がお気に入り。

 男性作家の小説は「あなたの固くて太いモノをちょうだい! あなたの固くて太いモノを早く…!」的なセリフが多くて萎えるのですが、藍川作品は女心をくすぐる描写が多い。

 
アルテイシア オカズ AV 究極の快感スローSEX 琴乃 ソフト・オン・デマンド
究極の快感スローSEX
発売元:ソフト・オン・デマンド
価格:¥ 3,129(税込)

 しかし、たまにはリアル映像でも抜きたい。
そこで「ええオカズはねえが~」と探して辿りついたのが『究極の快感スローSEX』というAV。

 これは男目線の笑止なAVとは真逆で、女性好みの焦らしやソフトな前戯が満載。男優さんも爽やかなジュノンボーイ系。
仁王立ちフェラやイラマチオ等、げっそりするプレイもありません。

 これを嫌いな女性はいないんじゃないか? というオススメの作品です。

ラブグッズを使って、中イキにレッツトライ!    

 続いて、グッズを紹介します。
女性読者から<クリではイケるけど中ではイケない>というお悩みをよく頂きますが、

 オナニーなくして中イキなし!
 オナニーなくして中イキなし!


 小泉元総理のようにワンフレーズを繰り返すのは、膣はクリに比べて鈍感で、自己開発しないとイケないから。

 基本は“自分の手を使ったオナニー”を推奨する私ですが(ツボをしっかり把握できて、相手にも伝えやすいから)爪問題がありますよね?

 クリは爪が長くてもできるけど(指の腹を使うから)、膣に指を入れるには爪を切らないといけない。
それも深爪レベルに切らないと、粘膜が傷つく。
でも深爪すると、鼻毛も抜けないし甘栗も剥けない。そのため私はグッズを使用します。

 しかし、グッズ未経験だと「バイブを使うのは抵抗がある」という人もいるやもしれぬ。
そこでまずは、初心者向けのグッズを紹介します。


リベラル(初心者向け)

アルテイシア 初心者向けグッズ バイブ オナニー リベラル
リベラル
メーカー:我楽
価格:¥1,200(税込み)

 リップクリームそっくりのローター。
見た目も可愛いしお値段も安いので、お試しにはピッタリ(私は大人買いして友人への手土産にしています)


 小さくてフタ付きなので、携帯にも便利。カバンの中でヴィーンとなる心配もありません。
ただあまりにリップそっくりなので、間違って唇に塗ってヴィーンとならぬよう。

 お手頃価格でも振動はパワフルで、クリにあてると速攻でイケます。
セックスの際、ペニスを挿入しながらクリにあてるのもオススメ。クリと膣のWの刺激で、イキやすくなります。
彼女がごっついバイブを出してきたら彼氏もビビるでしょうが、これだと「かわいいね!」「でしょ? うふふ」ってなノリでできるんじゃないでしょうか。


iroha(初心者向け)

アルテイシア 初心者向けグッズ バイブ オナニー iroha YUKIDARUMA
iroha YUKIDARUMA
ブランド:TENGA
価格:¥ 7,140(税込)

 大ヒット中のTENGAが開発した女性用ラブグッズ。見た目の可愛さとオシャレ感はピカイチです。

「大福みたい」「和菓子屋さんに並んでても違和感ない」「インテリアにも使える」と言われてますが、和菓子屋さんには並べないしインテリアにも使わないけど、初心者は見た目が大事ですものね。

 機能的には、普通のローターと特に変わりません。
YUKIDARUMAは一応挿入できますが、膣の入り口で振動するだけで、Gスポットには届かない。

 正直「ローターでこの値段は高くないか?」とは思います。
というのも、バイブはローターを兼ねるから。先っぽをクリにあてたり、横にして割れ目全体にあてることも可能。
そこそこ値段がするなら、初心者が膣開発にもトライしたいと考えた時、カバーする商品を作ってほしかった。

 ただ「音が静か、丸洗いできる、充電式」など女性に嬉しいツボを押さえてるし、
なんせまあ可愛いしオシャレ。


 日本製のグッズは「おっさんが女に使ってアヒアヒいわす」というコンセプトで作られた商品が多く、めまいがするほどダサい。パッケージもオヤジセンスだし、デザインも「THE魔羅!」的な生々しいものが多い。
ペニスの筋や血管までリアルに再現したバイブとか、夜中にちょっとずつ伸びそうで怖いじゃないですか(人形の髪みたいに)

 一方、irohaは全てが女性好みのセンス。かつ話題の商品なので「流行ってるから買ってみた」と言い訳もできる。
という点で、グッズデビューには最適かもしれません。

 オヤジ界で「まんずり」と呼ばれる行為を「セルフプレジャー」と言い換え、ヒットを実現したのは寿ぐべきこと。
次回はぜひ「オシャレで可愛くてクリにも膣にも使える、ういろうみたいなバイブ」とか作ってほしいです。

ローズフィンガー(初心者~中上級者向け)      

アルテイシア 初心者向けグッズ バイブ オナニー ローズフィンガー
『ローズフィンガー』
生産国:オランダ
価格:¥2,100(税込)

 ラブグッズ先進国、オランダ製のグッズ。デザインもパッケージも可愛いし、お値段もお手頃。
指にはめて使うタイプで、先端にバイブ機能がついており、指先で押すと振動します。

 クリだけにも使えるし、中に入れてGスポットやポルチオも使える。
私はまずクリを刺激して、高まったタイミングで膣内に挿入してイキます。Gスポットの位置も把握しやすいし、膣開発に最適な商品かと。 

 ただ電池内蔵式なので、電池交換ができない。気に入って毎日使ってたら、3ヶ月で電池が切れました。
とはいえ手動バイブでも使えるし、元が安いのでコスパは良いと思います。

 私が一番気に入ったのは、座った姿勢で、手軽に中イキできる点。

 バイブを使う場合、パンツを脱いで仰向けに寝そべって行うため、やや面倒。
事前にカーテンを閉めたり、尻の下にタオルを敷いたりして。使用後にバイブをしごくように洗うのもやや面倒。

 一方、ローズフィンガーは小ぶりなので、トイレでパンツをずらして座った姿勢でサッと使える。使用後もサッと洗ってサッと水切りすればよし。
おまけに小さく軽いので、携帯にも便利(私は安眠グッズとして旅行にも持参します)。
誰かに見つかっても「美顔器なの」と言い張れる。
そんなわけで毎日使っていました。可愛いし使い道も多いし便利だし、よくぞ作ってくれたオランダ人よ。

 ただ唯一のデメリットは、指にはめるとパカパカする点。
オランダは平均身長世界一の国なので、指もでかいのでしょう。
日本女性の指にはフィットしないと思うので、パカパカが気になる方は輪ゴムなどで固定して使ってください。

 それでは後編は、おすすめのバイブを紹介します。
セックスの挿入でイキやすくなる自己開発のコツも書きますので、お楽しみに♪


Text/アルテイシア


読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら

あわせて読みたい

6月特集
5月特集
SEX新連載

ライタープロフィール

アルテイシア
作家。

今月の特集

AMのこぼれ話