オーガズムフル・ライフ

もう「受け身」はおしまい!彼がほれ込むオーラルテクニック

あなたはベッドで、攻めが多い?受けが多い?日本人女性は受け身が多いみたいですが、受け身を脱するとセックスの自由度が高くなるかも!セックスカウンセラーのOLIVIAさんがオススメする攻めテクニック、今回はどんなものでしょう?

彼に舐めてもらう方法
アイスクリームを舐める女性の口元の画像

 ラブライフ・アドバイザーのオリビアです。
セックス・カウンセリングを行っていると、日本人女性は、セックスにおいて常に受け身という方が圧倒的に多いと感じます。

 体の構造的には、男性を受け入れる形になりますが、セックスを充実させたいなら、この受け身専門の態度を改めないと、いつかは、頭打ちになります。

 というのも、「いかに気持ちよくしてもらうか」を相手に期待すると、オーガズムの主導権を男性に明け渡すことになります。
セックスの満足感が、相手の男性の経験値やテクニックセンスに左右されてしまうんですよね。

 そうなると、「彼とは体の相性がよくないから、長く付き合うと、欲求不満になっちゃうかも…」と彼との未来に不安になったり、「もっと気持ちいいセックスできる相手を探した方が手っ取り早い!」と、浮気心がムクムクと湧いてきます。

 大人の女性が、自己責任でセックスパートナーを変えることに反対はしませんが、「本当は彼とのセックスを充実させたいのに…」と思いながら悶々としているなら、あなたのセックスに対する姿勢さえ変えれば、ふたりのセックスが好転していくこともあるんだよとお伝えしたいのです。

 受け身専門を脱すると、セックスの自由度が高くなります。

 大人になるにつれて、交際もセックスもルーチンワークになり、新鮮さがどんどん失われていくなかで、恋人との「はじめての快感」を集めていく冒険的なセックスは、子供のような遊び心を呼び覚ましてくれます。
未開発だった性感帯でオーガズムを得た時の驚きと高揚感は、セックスでしか味わえません。

 前置きが長くなりましたが、女性にも男性の性感帯を開発する“攻め”の面白さに開眼してもらいたいなと思います。そんな思いから、男性器にある性感帯(亀頭、尿道口、カリ首、包皮小帯、裏筋、陰茎、陰嚢、会陰)の愛撫方法を解説してきました。

会陰愛撫の四段階変化

 前回は、「会陰集中愛撫」をSTEP2までご紹介しましたね。

STEP1 キスをし、様子をうかがいながらのソフトタッチ
STEP2 オムツ替えのポーズ(ちんぐり返し)で彼の羞恥心を解放する

 今回は、さらに蟻の門渡り開拓を進めていきます。