アルテイシアの愛され(笑)痴女養成講座

オーガズム力を高めるための、本当に使えるラブグッズはAmazonでも買える

ラブグッズを買おうにも、日本製のカップル向け商品はパッケージがあまりにダサい。だけれどおしゃれな海外製バイブを買って、高い空輸費を払ったのに大きすぎて入らないなんてハメになったらショック。そんな女性にアルテイシアさんが本当に使えるラブグッズをご紹介!オナニーすることで、中イキもめざせる!

<大人のオモチャの商品画像が含まれておりますので、人目につかないところでこっそりお読みください♪>


第4回:お得感あふれるバイブで、オーガズム力をUP!

 前回は自己開発に不可欠なオカズ、および初心者向けのラブグッズ(リベラル・iroha・ローズフィンガー)を紹介しました。(詳しくは「愛され痴女必見!エロスイッチをオンにする方法」をご覧ください)


アルテイシア オナニー オカズ オーガズム
by Lies Thru a Lens

 女性のオーガズムは学習によって得られるもの。
自己開発によってツボを把握できるし、オーガズム力も高まって、セックスで男女双方の満足度を上げられる…。

 オナニーってめっちゃお得やん?

 そんなお得感を愛する関西人として、言いたい事があります。

  昨今、女性誌でもバイブが紹介されていますが、それらはたいてい欧米製のバイブで、お値段が1~2万円します。
この不況の世の中、バイブに1~2万円も出せる女性がどれだけいるのか?

 私はSEXコラムニストだからバイブ代も経費で落とすけど、普通の女性は落とせません。
女性誌を見ながら「興味はあるけど、こんなに高いと手が出ない…」とため息をつく女性も多いのではないか。

 経済格差がオーガズム格差を生んでいいんですか、皆さん!!

 たしかに欧米製のバイブはオシャレです。
一方、日本製のバイブは<おっさんが女に使ってアヒアヒいわす>というコンセプトで作られた商品が多く、パッケージもダサい。

 でもパッケージなんて捨てたらしまいやないの。
 穴のあいた靴下にでも、しもといたらええやないの。

 手芸好きの北斗晶さんは現役時代、竹刀入れを手作りしていたそうです。
手芸のできる方はクローバーやミツバチ柄の布を使って、オリーブ少女っぽいバイブ入れを作るのもアリ。

 服なら試着できるけど、バイブは試用できません。
2万円も出して買ったのに大きすぎて入らなかったら、バイブを振り回して通行人をめった打ちしてしまうかもしれない。

 そんな事態を避けるためにも、当記事ではお手頃でお得なバイブを紹介します!
(私はamazonで購入しました。値引き商品あるので、購入の際は要チェック★)