愛され痴女必見!エロスイッチをオンにすればオーガズムは得られる!

自分の「エロスイッチ」、どこにあるかわかっていますか?中イキのために必須なのはオナニーだとアルテイシアさんは言いますが、しかし男性とはちがいときめかなくても触れば濡れるわけではないのが女性。ムラッとくるポイントをおさえた漫画から、実際使えるローターまで広くおさえておきたいところ。

第3回:オカズを使って、エロスイッチをライドーン!

 前回は愛され痴女になるための「オナニーの具体的な方法」を書きました。
(詳しくは「自己開発=オナニーを楽しんで、オーガズム女神に!」をご覧ください)

アルテイシア オナニー オカズ オーガズム
by Lies Thru a Lens

 女性のオーガズムは学習によって得られるもの。
自己開発によってツボを把握できるし、オーガズム力も高まって、セックスで男女双方の満足度を上げられる。

 こんなに嬉しいことはない…!!(byアムロ・レイ)

 といつも書いていますが、
私がどれだけ「オナニーすべし! イケよ国民!」と訴えても「そういう気になれなくて…」と返す女性がいます。
「なれなくて…」とか言ってるんじゃなくて「なる!」と主体的に取り組むのが、愛され痴女。

 主体的に性を楽しむ愛され痴女は、己のエロスイッチの入れ方も知っています。
女性は精神的なエロスイッチが入らないと、ビタ一文濡れません。
男性のように「こすったら勃つ」という簡単設計ではないのです。

 よってオナニーではオカズを使い、エロスイッチをライドーン!! する必要があります。
オカズの好みは様々ですが、私はエロ漫画や官能小説をよく使います。