磨くべきはテクニックよりもオーガズム力!/アルテイシアの愛され(笑)痴女養成講座

セックスの最中「イク演技」をしていませんか?愛する彼とのセックスのはずなのに、どうしても心から気持ちいい!と思えない…しかし、何時間でもフェラチオしてくれる女性より、自分がオーガズムを感じさせた!と実感させられる女性のほうが「愛される」と語るアルテイシアさん。では、イク能力はどうやって鍛えればいいんでしょう?

第2回:自己開発=オナニーを楽しんで、オーガズム女神に!

 愛され痴女の“愛され”は、『cancam』や『JJ』が提唱する“狙うは100%男受け”路線ではありません。
自分も主体的にセックスを楽しみつつ、男の尻小玉も抜ける女性…そんな愛され痴女になれば、人生をMAXに謳歌できます。(詳しくは「メンタルを変えて、愛され(笑)痴女になる!」をご覧下さい)

アルテイシア 愛され痴女 養成講座 オナニー オーガズム 女神 自己開発 サムライ イク オカズ 性感帯
by Fredo in (((Stereo)))

 愛され痴女が磨くべきはテクニックよりもオーガズム力。

 ひたすらテクを磨いて男に奉仕しても、フェラ奴隷になるのがオチ。
一方、女性がセックスで究極のオーガズムに達すると、膣および全身に変化が現れ、男性は「すげえ、本気でイッてる…!」と感動します。

 すると男性の“相手を気持ちよくさせたい欲”がフルに満たされて自信がつき、 その後は“自信を与えてくれた存在”として女神のように崇められる。
おまけに女性がイクと膣が収縮して「これでもか!!」ってほど締まるため、男性も快感を味わえるという特典つき。

 しかし女性がオーガズムを得るのは、それほど簡単ではありません。
こすったら出る男性とは違い、女性のオーガズムは複雑で繊細。「この刺激が気持ちいい=イケる」と学習を重ねながら、身につけていくもの。
そのため<初性交前にオナニーする習慣のあった女性の方が、セックスの満足度が高い>というデータがあるのです。

 ソロで満足に歌えない歌手は、セッションでも満足のいくパフォーマンスはできない。 
すなわちオナニーで快感のツボを把握して、性感帯を自己開発すること。そのツボを相手に伝えれば、セックスでも究極のオーガズムを得られます。
幸い、性的な自己開発は気持ちいいし楽しいもの。極真空手では固い板を殴って拳を鍛えるといいますが、そんな痛みや苦しみは皆無です。

 そのかわり必要になるのが、集中力