なぜ愛のないセックスができるのか?「愛社精神」に置き換えて考えてみよう

愛のないセックスができる人

ペンを唇に当てながら考えている働く女性
by Kaboompics // Karolina

 秋の新ドラマは何を観ていますか? 筆者のイチオシは、テレビ朝日で三浦春馬クンが主演している『オトナ高校』です。放送開始前からめっちゃ期待していたのですが、いざスタートしてみると、期待以上の内容でした。テレビ朝日さんにお歳暮贈りたくなるくらい面白い!

 内容を簡単に説明すると、少子化問題に歯止めをかけるため、日本政府が性体験のない30歳以上の男女を強制召還し、本当のオトナになるための教育を受けさせる……って話です。コメディなんですけど、「ひょっとして現代日本にはこういう授業が必要かも」と考えさせられるような部分も織り込まれていて、0.03ミリのコンドームを配布したり、「SEX≠GOAL」「SEX=START」の板書をノートにとらせたり(笑)、初回の授業が合コンだったり……恋愛離れ・セックス離れが著しい現代男女にはピッタリかも。

……だいぶ前置きが長くなりましたが、ぼちぼち今週のテーマに入りたいと思います。今週のキーワードは「愛」です。

 地球上の人類を大別すると、以下2タイプに分かれます。

1.愛のないセックスができる人
2.愛のないセックスができない人

 男女比では、おそらく男性の大半は「1」で、女性の大半は「2」なのでしょう。もちろん、男性でも愛のないセックスはできない人も存在します。女性でも、筆者を筆頭に(笑)愛のないセックスができる人も存在します。しかしおそらくそれは少数派。この記事では多数派のほう……つまり「愛がなくてもセックスできる男性」「愛のないセックスはできない女性」に的を絞りたいと思います。

「愛のないセックスはできない女性」にとっては、「愛がなくてもセックスできる男性」の思考回路って理解しがたいでしょう。なぜ愛してもいないオンナと舌を絡ませ合うディープなキッスができるのか? なぜ愛してもいないオンナの黒アワビのようなマ○コをクンニリングスすることができるのか? なぜ愛してもいないオンナと性器を介して1つに繋がった状態になりたいと思うことができるのか?

 オトコとオンナは違う生き物ですから、理解できなくて当然です。でも、こんなふうに置き換えて考えたら、なんとなく「ああ、オトコ共の思考回路はそういうことか!」って腑に落ちると思います。キーワードは「愛社精神」です。