同意のないセックスはセックスじゃない

 LGBTのためのコミュニティサイト「2CHOPO」の記事をAMでご紹介させて頂けることになりました!
今回は、キャシーさんの「セックス・アンド・ザ・キャシー」の記事です。

LGBT ゲイ キャシー カナダ トロント 2CHOPO 恋愛
キャシー


 セックスコラムを書いているのにも関わらず、とても地味なセックスライフを送っているあたしは過去の経験を引っ張り出す以外道がない。さて、ネタはいつまで続くのだろうか。こんなことなら、もっといろいろやっておくべきだった。
今回もまた遠い昔の話を紹介しよう。

 ハッテン場のジャグジーに浸かってジェット水圧を密かに楽しんでいたら、タイプのイケメンが隣に座った。水面下でお互いの肌と肌が触れ合うと、すぐにキスが始まった。周りにはいつのまにか見学者が集まっていた。
「個室あるから、そこで続きをしようよ?」
彼に手を引っ張られて、ワクワクしながらハッテン場の個室に入った。シングルベッドとミニテーブルがやっと収まるくらいの小さい部屋は少し息苦しかった。

 ベッドの上で横になると彼は上に乗っかってきた。ますます上がるテンション。これは思い出に残るセックスになりそうだ。そう思った瞬間、彼はコンドームなしで挿入しようとした。
素早く手でそれを止めて、「何してるの?」と少し冷めた口調で聞いた。「入れようとしたけど?」と彼が少し呆れたように答えた。「コンドームしないならしないよ」と頑な自分に対して、向こうは「いいじゃん」とせがみながら何回も挿入を試みる。

 もうすっかりアソコも気持ちも萎えて、彼を押しのけて個室を出た。振り向き様に見えた彼は舌打ちをしていた。皮肉なことに、予想通りに思い出に残るセックス未遂となった。
あの時、そのまま彼にせがまれてセックスをしたとして、それはセックスと呼べたのだろうか。