股関節の位置で骨盤のずれがわかる!

もう一つは、股関節の位置。
股関節が外側にずれちゃう原因は、腰抜け男子でも出てきた、骨盤の後傾なんだ。
お尻が下がって恥骨が飛び出す感じ。
骨盤が後傾しちゃうと、股関節は外側に開いちゃうんだよ。

ちょっと座りながら試してみて。
腰を丸めて、恥骨を突き出すようにすると、膝が開いちゃうでしょ?
これは股関節が外側にずれてるからなの。

さて、自分の骨盤が後傾してるかチェックをしてみよう。

自分の立ち姿を鏡で見てみよう。
外くるぶしが内くるぶしよりも、指一本分以上下がっていたら、股関節が外にずれている可能性アリ!みんなはどうかなー?

外くるぶしが下がっているということは、その分足首が開いちゃって太くなっているってこと。

つまり、
太い足首=外くるぶしが下がっている=卵巣の働きがイマイチ=きれいホルモンが若干残念
しまった足首=くるぶしが揃っている=卵巣の働きがいい=イイオンナ ってことなんだ。

「足首60」エクササイズ

でも足首ってすごく変わりやすい関節だから、残念賞であっても大丈夫。
キレイな足首に戻す簡単な方法に、「足首60」っていうエクササイズがあるよ。

仰向けに寝て膝を立てて(または椅子に座って)、足を組む感じで片方の足を膝の上に乗っけて、足首を外回し60回(1分)、内回し60回(1分)回すだけ。それを左右同様にしてみて。

回し始めは「ヘー、こんなカンタンでいいの?」って思うんだけど、40回を過ぎたあたりから、急にタイヘンになってきて、はじめのうちは60回するのもかなり大変。でも、すっごく変わるからやってみてね。

足首が変わると、股関節が変わる。
卵巣も元気になる卵活レッスンって、実は美脚レッスンでもあるんだよ。

前後の連載記事