関口先生が教える、膣まわりの話

外陰部は絶対に優しく!ニオイやすくなる夏にデリケートゾーンの洗い方を総復習

女医が女性のカラダの洗い方を丁寧に指導!もうニオイが気にならない

第11回 どーすりゃいい!? 聞くに聞けないデリケートゾーンのお手入れ

腟はそんなに臭うものではない!?

関口由紀 膣トレ オーガズム
Mis Flora Leal


 これからのムシムシとした湿気の多い時期、気になるのがデリケートゾーンのニオイ…。
どうやってお手入れをするべきか、医学博士で女性泌尿器科専門医の関口由紀先生に伺ってみました。

<関口先生の解説>
「外陰部にはワキと同じく『アポクリン汗腺』と呼ばれる汗腺があるため、ニオイが強い部分であり、不潔にしていたり、蒸れるような素材やキツイ下着などを履いていれば、雑菌が繁殖してニオイやすくなります。

 とはいえ、入浴やシャワーの際に普通に石鹸で洗っていれば、まず問題ありません。よほどのことがない限り、着衣の状態で他人が気付くまで臭うことはあまりないもの。
ですから、あまり気にしないことが一番です。

 ただし、月経前~月経中はニオイが気になる傾向にあります。
そもそも月経中は経血の関係で普段より外陰部がニオイやすいのですが、理由はそれだけでなく女性ホルモンの分泌量が低下する時期は、知覚過敏になることも関係しています。

 この時期はニオイに敏感になる傾向にありますが、月経中、もしくは月経前のおりものが多い日は、こまめにナプキンやおりものシートを変え、毎日の入浴で洗っていれば、デリケートゾーンがとりたてて臭くなるということはありません。

 ただ、陰部を洗ってもなかなかニオイが消えない、またはおりものの量が前より増えた、おりもののニオイや色がおかしい、といった場合は腟炎や性感染症などの可能性もありますから、早めに病院に行くようにしましょう