結婚しても恋はできる?婚外恋愛と脳内恋愛

AM: 「私はまだ恋がしたい、トキメキがほしい!」って人は、欲望を成仏させてから結婚した方がいいんでしょうか。

アル: ある程度はそうかも。私は恋愛でボロボロになって「もう三半規管がもたない!死ぬ!」と思ってジェットコースターを降りました(笑)。
あと「結婚したら恋はできない」と思い過ぎない方がいいかも。

AM: 結婚しても恋はできるってことですか?

アル: 婚外恋愛する人は増えていますよね。モラルの低下じゃなく、携帯の普及が要因だと思う。

AM: たしかに固定電話しかなかったら、浮気は難しいですよね。

アル: 駅の掲示板にXYZって書くとか(笑)。携帯によって浮気が増え、浮気がバレる人も増えたんでしょうな。
ただ、西原理恵子さんも書いていたけど『男の浮気はバレるが、女の浮気はバレない』。女はうまく婚外恋愛して、ガス抜きしている人が多いと思う。

私の周りでいうと、脳内恋愛が多いです。リア充よりもオタク系が多いから。
歌舞伎役者に恋している子とか、オシャレして歌舞伎座に出かけて「染さま…!」とキュンキュンしていたり…。そういうのでトキメキを補充して、満たされている子が多いですね。

AM: アルさんはどうですか?

アル: 私は二次元に萌えるから。幼少期から「ラオウさま…!」(by漫画『北斗の拳』より)とキュンキュンしていたので(笑)。

今はゲームの仕事で、憧れの声優さんに会う機会もあるんです。
もうね、この図太い私がドキドキして話せないんですよ。「静まれ、心臓ッ…!」みたいな。
「何もないところでつまずく」という経験も初めてしました。

AM: 乙女ゲーのヒロインみたい(笑)!

アル: こんな女いねえだろと思ったら、いた(笑)!
そういう場で萌えをフルに充電できるので、ありがたいですね。

それに仕事で武将や新撰組について調べていると、関連する本や作品を見まくるうちに、どんどんハマるわけです。すると日々忙しいし萌えも補充できるので、オタク系でよかったな~と思います。
そういう面では、オタクは結婚生活に強いと思う。オタクは自分で自分を充実させられる人々なので。主腐(しゅふ)と呼ばれる既婚の腐女子もいるけど。

AM: 実はリア充やキラキラ女子より結婚向きかもしれませんね。

アル: 結婚生活の維持に向いていると思う。だから離婚したくない人はオタクを選ぶといいです(笑)。

広告会社に勤めていた時代は周りにリア充系が多くて。バブル世代の女の先輩は「ずっとチャラチャラ恋愛していたいから、結婚はしない」と宣言しています。
で、老後は女同士のシェアハウス計画を立てています。

AM: やっぱり行きつくところはそこですか(笑)。

アル: 彼女は「精神的な繋がりは女友達で満たして、遊びやセックスのみ男で満たす」って主義なんだけど。

この“タコ足配線”は結婚を続けるヒケツでもありますよね。
夫にあれもこれも求めるんじゃなく、この部分は女友達で満たして、トキメキは萌え対象で満たして…って風に。「仕事の相談をするならこの人」とか、線はいっぱいあった方がいいと思う。

<男は集中型、女はバランス型>と言われるけど、女はタコ足配線が向いてると思います。
男は仕事や趣味一筋でも満たされるけど、女は仕事も恋愛も趣味も友人関係もバランスよく満たしたいから。

AM: 女は「仕事さえうまくいってりゃOK」とか思えませんよね。
色んな場所から電力を補給して、トータルで幸せなのが一番かもしれません。

前後の連載記事