行動するけど追いすぎない!片想いを成就させるための極意

アルテイシアさんがお伝えする草食系男子の落とし方!まずは普通にご飯に誘うことを女子からやってみることで、奥手な彼らにでも手を出しやすくなります。「俺のこと好きなのかな?」という勘違いすれすれの気持ちを引き起こさせるコツとはいったい?

【第47回】“温度差”を理解することが片想いの決め手になる

アルテイシア アルテイシアの愛され(笑)痴女養成講座
Ashley Sturgis


AM編集部(以下、AM):未婚男子の4人に3人が草食の世の中で、肉食系女子が草食を狩るパターンは増えていますが、狩りが苦手な草食系女子にアドバイスをもらえますか?

アルテイシア(以下、アル):相手が草食の場合、こちらから動かないと始まりませんよね。
「誘いやすいようスキを見せる」的な昭和なテクを使っても、草食系は誘ってこないから。
だから、まず普通にご飯に誘いましょう。食べ物の話題から「どこそこの焼き鳥屋は美味しい」という流れで。

この時のポイントは、庶民的なお店を選ぶこと。
デート慣れしてない草食系は、気取ったお店とか苦手だから。「どんな服で行けばいいの?」「俺エスコートとかできないし」と不安になるんですよ。

AM:そこは女子と逆かもしれませんね。

アル:うん、男子はデートっぽくない店の方がいいんです。
私なんかは「僕、アルさんを誘えるような店を知りません」って言われるんですよ、見た目のイメージで。そこで「立ち飲みや焼き鳥によく行く」って話をすると「意外と庶民的なんだ」とホッとされるんです。

お好み焼きもいいけど、歯に海苔がつくからね(笑)。串カツは唇がテカテカになって、グロス効果もあってオススメ。
「あそこの串カツは安くて美味しいよ」とか言うと「じゃあ今度行こう」とすんなり話が進みます。

で、1回目のデートで「あそこの店も美味しいよ」「じゃあ次はそこ行こう」と決めておくことですよね。その方が手っ取り早いから。
草食系は自分でお店を選ぶのとか苦手だから、女子がさくさく決めちゃった方がいい。