アルテイシアの愛され(笑)痴女養成講座

“連帯”が幸せな未来のカギ!夫と過ごす老後がいいとは限らない

「連帯」が幸せな未来のカギ!将来女友達と暮らす方が幸せなわけ


【第52回】サザエさんのフネさんは48歳、現代なら美魔女?!

アルテイシア 官能女子 エロス セックス 結婚 友情 スピリチュアル 恋愛時代 フランス 友達 家族愛 青い鳥
by Lírica Aragão

AM編集部(以下、AM): 前々回の<支え合うパートナーは夫じゃなくてもいい>という記事の反響がとても大きかったです。
「結婚せずに女友達と暮らしたい」という女性が増えているなと感じました。

アルテイシア(以下、アル): 現実に30代前半の男性の2人に1人、女性の3人に1人が未婚ですからね。 
「結婚して子どもを産むのが普通」という価値観は崩壊していると思います。

AM: それでも「結婚しないと老後が不安、寂しい」と考える女性も多いですよね?

アル: 昭和のイメージが残ってるんじゃないかな。“老後は家族と孫に囲まれて…”っていう、サザエさん一家みたいな。
でもサザエさんの原作ではフネさんは48歳、サザエは27歳なんですよ。

AM: えっ、そんなに若いんですか?!

アル: 私も「フネの方が年が近い!」と衝撃でした。現代ならフネさんは美魔女ですよ(笑)。 
波平さんも70代のイメージだけど、55歳で石田純一より5つも年下なんです。現役の会社員ですからね、波平。
でも一番衝撃だったのは、アナゴさん27歳。

AM: あれで27歳は貫禄ありすぎますよ(笑)!

アル: サザエさんは昔話なんです。
現代のお婆さんって若くて元気じゃないですか。夫は妻に先立たれるとガクッとくるけど、妻は夫の死後シングルを謳歌するとか言われていますよね。

40代の女性から聞いた話で、70代のお母さんが夫の死後に弾けちゃって、女友達と遊びまくって彼氏もできたと。
それで「彼とBまでいった」とか報告してくるらしく(笑)、「生々しい話はやめてくれ!」と叫んでいました。

AM: 親のBは聞きたくないかも(笑)。
でもフネさんタイプより、シングルを謳歌するお婆さんが主流なのかもしれませんね。