まさか夢にも思わなかっただろう「最近、夫に言われたこと」

満を持して(?)無職になったカレー沢薫さんのコラム。夏が目前の今日この頃、今回のテーマは「最近、夫に言われたこと」です。

カレー沢薫のカレーなる夫婦生活連載バナー

 ついに会社を退社し無職になった。
今これを書いているのは無職四日目だが、既に三日連続家から1歩も出ていない、無職としてはなかなかの好スタートだ。

 私は自宅神推し、自室×自分固定、同担拒否過激派、三代目H(ひきこもり) Soul Brothersなので、ひきこもるのは当然なのだが、ひきこもりというのは無職とも相性がいい。

 何故なら、外に出ると何だかんだと出費するからである。
出費×無職のというのはあまりハッピーエンドにならない。多くが、悲劇的な結末を迎えてしまう悲恋カプとして有名だ。私のように「ほのぼのラブコメディです」とか言っている奴には敷居が高い。

 よって、家にいるのが一番経済的なのだ。

 だが、それも昔の話である、文明の進化により人は「家から一歩も出ずに大金を使える」ようになってしまった。

 ネット通販、競馬などのギャンブル、そしてご存じガチャだ。

 私は自分で言うのもなんだが、ガチャさえ回さなければそんなに金を使わない女なのだ。
だがこれは「覚せい剤をやらなければ良い人」「人殺しという点を除けば善人」「毎日違う男と寝さえしなければ清純派」と言っているようなものであり、その一点で全て台無しなのだ。

 逆に言えばガチャさえ回さなければ、無職としての活動期間を延ばすことができるのである。