Loading...

自尊心は結婚より大切!引き換えにする時は命乞いくらい「婚活の相談になんという?」

カレー沢薫のカレーなる夫婦生活連載バナー

今回のテーマは「同い年の友人が今婚活のアドバイスを求めてきたら何という?」だ。

私はまず有機物の友人が少ないし、婚活などという重大事はもちろん、打ち上げ花火をどこから見るか、などの中年となった今では「見えなくて良いから家の中」としか答えられないような、どうでも良い相談さえされることがない。

仕事で人生相談コーナーをやらせてもらったことは何度かあるが、相談する人は、リアルでは「そういう奴」なのだということを理解してから相談してほしい。

しかし「そんなのは、結婚相談所の人とか、プロに聞け」とも、安易には言えない。

先日、別の担当が、結婚相談所が出している婚活本を読んだところ、怒りのあまりハラワタが液状化して全部尻から出た、という。

それは婚活本ではなく、新手のデトックス本だったのではないか。

そんな、腸ごと宿便が出る婚活本がどんな内容だったかというと、要約するに「30歳以上の女は選ぶ立場じゃないから、頭を下げて結婚していただきなさい」というものだったという。

プロに聞いてこれなら、まだ俺、もしくは犬に聞いた方が良いかも知れない。

確かに、結婚相談所のアドバイザーというのは「結婚させるプロ」であり、結婚したあとの「幸せな結婚生活」については「別部署になります」ということなのかもしれない。

よって、もし婚活についてアドバイスを求める友人の幻覚が現れたら「結婚することだけを目的にしない方が良い」と言おうかと思う。

もちろん婚活をするのは結婚が目的だろうが、何を目的に結婚したいのかを見失ってはダメだと思う。

金銭的に安定したい、子どもが欲しい、お互いにリスペクトし、協力しあえる人生のパートナーを得たい、など何らか「結婚の目的」はあるはずであり「何としてでも戸籍を変えてえ」というだけの人は少数派のはずだ。

そう言った目的があるのに「選ぶんじゃない」と言われて、子どもを望まない無職、趣味はコールセンターの女性に卑猥なことを言わせることという相手に頭を下げて結婚するしかないというなら、もはや結婚など無意味である。

しかし、婚活というのも、長く続けていると「結婚したい目的」を忘れて「目的が結婚」になってしまうこともあると思う。 よって婚活する時は「何で結婚したかったのか」を忘れないように心がけるべきだろう、それが叶わない結婚なら「する必要はない」と思った方が良いだろう。

つまり「妥協しない方が良い」ということだ。

そう言うと「そうやって高望みするから、結婚できないんだ」という、幻聴が必ず聞こえてくると思う。

前後の連載記事