Loading...

「可愛い女」は顔じゃない。モテる女が鍋パーティでやったこと

妹尾ユウカさん

この世は“可愛い女”が男から愛される仕組みになっている。だから、愛されたければ可愛い女になればいい。
“可愛い女”ってのは、容姿が可愛い女だけを指してはいない。容姿の可愛い女が愛されるのは当然のことだが、大袈裟な話、容姿は一定のボーダーラインを越えるとオプションに過ぎないからね。

その証拠に“容姿が良くなくてもモテる女”がいる。アイツらはどのコミュニティにも1人はいて、私の周りにもいる。ただの悪口になるが、容姿もスタイルも良くなくて、美容には無頓着。しかし、周りの美人たちよりも遥かにモテる女。

一体、何故なのか。すぐに股を開いているのか? 超の付く床上手なのか? もしや、お金でも配っているのか!? マジで気になるから、彼女をよく観察して、私と比較してみることにした。

なぜかモテる友達がやっていたこと

友達の家で鍋パーティーをしたときのこと。私と彼女と男二人でスーパーへ買い出しに出かけた。一通り買い物を終えて、私が2リットルのペットボトルが入った袋を持っていると、男の一人が「持つよ」と声をかけてくれた。彼も大きな袋を持っていたので、私は「全然大丈夫!」と断ったが、彼女は「えー! 優しい! ありがとう!」と言って、大して重くもない袋を渡した。

友達の家に着いてからも、鍋を器によそってくれる男に対して、彼女は「取ってくれるのー? やったー!」となにもせずただ嬉しそうにしていたが、その横で私は「あ、気が利かなくてすみません!」と謝っていた。

申し訳ないとか迷惑をかけたくないとか、そんな複雑な考えは捨てて、相手の行為を素直に受け取って感謝する。いたってシンプルだが、彼女がモテる理由はそんな“可愛げ”にある気がした。

この一連の出来事を男友達に話すと、「お前はいちいち可愛くないし、モテないだろうなと思うわ」と爆笑された。

「どういうときにそう思うの?」

「いつも思うよ(笑) こないだも思ったけどさ、俺の友達から『誕生日プレゼント何が欲しい?』って聞かれて『気にしないでください! 何もいらないです! またみんなでご飯でも!』って答えてたじゃん? あれ最悪だよ」

「ものねだりとか図々しいし、謙虚で良くない!?」

「バカだね?(笑) 男は女に喜んでほしい生き物だし、喜んでる姿が見られたら嬉しいんだよ。なのにあんな風に断られたら、この子は俺を必要としてないし、好かれてないなって感じるよ」

インターネット上以外では、謙虚さを心がけ、美徳として生きてきた私にとっては衝撃的だった。

男性から「なに食べたい?」と聞かれれば、気遣いのつもりで「なんでもいいです! 任せます!」と答えてきたが、これも同様に逆効果だったのだろうか。

前後の連載記事