• sex
  • 2014.07.04

トロトロに感じる甘美な快感の二重奏!ペニスの刺激+αで彼を絶頂に導く/W=W攻め


 前回の「V=ヴァギナのかわいい愛し方」もも合わせてどうぞ。

 あなたのセックスをもっと楽しくする「ラブライフのAtoZ 2nd stage」。
今回のテーマは、「W=トロトロに感じる秘儀 W攻めで快感度アップ!」です。

W攻めで床上手なあげまんに!

OLIVIA ラブライフ A to Z
Holly.


「彼女ってセックス上手いな…」「彼って、テクニシャン♡」
セックスした相手にそう思われるのは、まんざらでもないですよね。
むしろ、床上手で「あげまん」だと称賛されるのは、女冥利につきるもの。

「この人は、テクニックに長けている!」と感じる時にはある条件をクリアしていることが多いんです。
まず一つめは、「自分の快感ポイントをピンポイントで刺激してくれること」

「あぁ…そこそこ♡ なんでわかるの?」と、かゆいところに手が届く愛撫をしてくれる人って、最高ですよね。
一回一回のセックスの満足度が高く、すればするほど、気持ちよくなります。こういう「全身性感帯開発タイプ」の男性とお付き合いできれば、セックスレスとは無縁でいられます。

 もう一つのテクニシャンの特徴は、「複数同時愛撫が的確にできること」
これが、今回のテーマである「W攻め」です。
愛撫を2種類以上掛け合わせていくことで、今まで体験したことがない気持ちよさを味わえます。

 掛け合わせのポイントは、シンプルだけど、確実に気持ちよくなれる愛撫を組み合わせること。
これをおさえておけば、また「したくなる♡」こと間違いなし。
凝ったテクニックは一切不要。今夜からスグに使えます。

一粒で二度美味しい!W攻め for MEN


 男性へのW攻めのポイントは、「ペニスの刺激+α(プラスアルファ)」

 男性のカラダにおいて、最大の性感帯は、皆様ご存知の「ペニス」です。
ペニスを刺激しながら、ペニスよりも快感度が低い+αの性感帯を愛撫することで、+α部分の感度を開発していくことができます。

 今回は、彼を虜にするW攻めテクニックの具体例をご紹介しましょう。

<陰のうタッチセンサー+カリ首フェラ>
 陰のう(タマ)に手をあてがい、優しく手の平で転がすようにマッサージしながら、カリ首フェラをします。
カリ首フェラのやり方は、歯が当たらないように上下の唇で歯をカバー(入れ歯が抜けたおばあちゃんのモノマネをする時の口)して、そのすぼめた口で、カリ首の段差(キノコの傘の部分)を集中的に唇でしごきます。

 陰のうに触れていると、射精に近づくにつれ、タマがキュッと縮まることに気づくと思います。

「タマタマの引き締まり具合は射精のバロメーター」

 これを知っておくと、彼の射精のタイミングをコントロールしやすくなるので便利です。

 陰のうタッチやカリ首フェラは、単体でも気持ち良い愛撫テクですが、その二つが組み合わさることで、より甘美な快感の二重奏を味わわせることができるのです。

彼にしてほしい!トロトロに感じるW攻め for WOMEN


 男性から女性へのW攻めでオススメなのは、「不動指入れ+ソフトクンニ」です。

 不動指入れとは、文字通りに、「膣に指を入れて動かさないこと」
膣には「局所反応」という「異物が入ってくると膣壁から愛液がにじみ出る現象」が起こります。
摩擦で膣が傷つくのを防ぐ自衛本能で、とっても有難い反応です。これを上手く利用するのです。

 膣に指を一本挿入してもらったら、指は一切動かさず、ソフトにクンニをしてもらいます。
男性はいつもの癖で、膣に指を入れるとシャカシャカ動かそうとしてしまうので、「動かさないで♡」と、かわいくリクエストしておきましょう。
そうすると、クリトリスへの刺激と膣の局所反応が重なり合い、まるで温泉を掘り当てたかのように、トロトロの愛液が溢れ出てきます!

 ヌルヌルに濡れていた方が挿入がスムーズになるので、女性も気持ちよいし、男性は「こんなにグショグショになってる…」という達成感でさらに興奮するでしょう。
シンプルな愛撫の組み合わせですが、気持ちよさと濡れ具合はプレミアムクラス。
シーツに水たまりができるくらい、ダイナミックに濡れてしまう女性もいるので、このトロトロW攻めを試す時には、お尻の下にバスタオルを敷いておくことをオススメします。

 ぜひ、W攻めをマスターして、さらなる快感を堪能してみてください。

 次回のテーマは、「X=Xanadu(桃源郷セックスで彼を虜にする)」をご紹介します。
毎週金曜日更新です。

Text/OLIVIA

■OLIVIAさんの新刊予約受付中!

Tomy

『最高に気持ちがいい! 感じるセックス、飽きないセックス』
OLIVIA・著
実業之日本社

男女の性メカニズムの違いを紐解きながら、日本人の抱えるセックスのお悩みと勘違いを真面目かつ中立的な立場で分析し、セックスカウンセリングの現場目線の生きた“テクニック”を紹介しています!


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

関連キーワード

ライタープロフィール

OLIVIA(オリビア)
1980年生まれ。ラブライフアドバイザー。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら