NO MOREセックス泥棒!ごきげんなセックスをするための4つの心構え/Y=ヤリ損


 前回の「X=Xanadu(桃源郷セックスで彼を虜にする)」も合わせてどうぞ。

 あなたのセックスをもっと楽しくする「ラブライフのAtoZ 2nd stage」
今回のテーマは、「Y=ヤリ損/NO MOREセックス泥棒!ごきげんなセックスをするための4つの心構え」です。

悲劇のヒロインはもうやめよう!ヤリ損かどうかは、自分次第

OLIVIA ラブライフ A to Z
Diet Munhoz


 女性のセックスにまつわるお悩みを聞いていると、自称“ヤリ損”した女性にお会いすることがあります。

「ヤリチン被害にあった!」「ヤリ捨てされた!」と嘆く女性たち。
彼女たちの話を聞くと、相手の男性のいい加減さや“今に生きる男子”っぷりに憤りを感じるとともに、悲しみにくれる女性を悲劇のヒロイン扱いしてあげなければならず、ちょっと面倒臭いというのが本音です。

 “ヤリ損”した女性には、耳が痛い話かもしれませんが、ちょっと聞いてください。
大人の男女がセックスをするに至って、強制的に乱暴されること以外、ある程度、双方が合意した上で行為に及んでいるはず。
それにもかかわらず、“ヤリ損”女性が後を絶たないのは、相手とのセックスから「学べることがなかった」「得することがなかった」悔しさを相手のせいにしたいから。

 女性が自分の欲望に忠実に、主体的にセックスをする「ヤリマン」(素敵ビッチ)ではなく、男性のペースに合わせてセックスする「サセコ」感が上回ってしまうと、ふたりの関係が思い通りにならなかった時に、「なんか、損した」気分になってしまうんですよね。

 私は、「日本人女性のラブライフをごきげんにする!」のがライフワークなので、いつも女性の味方でありたいと思うのですが、今回ばかりは、辛口です。

 ヤリ損を予防する方法は、「女性が主体的にセックスをマネージメントすること」
自分のセックスに真摯に向き合うことでしか、ヤリ損を防ぐことはできません。つまり、自分次第なんです。
セックスに対する心構えを変えるだけで、もう“ヤリ損”に泣くことはなくなります。くやしさをバネに、あなたのセックス観をリニューアルしましょう。