• sex
  • 2014.02.19

幸せな結婚のカギは“3つのクセ”を手放すこと!「そのまま婚」のススメ

 先日AM編集部にうかがって、出張講座(笑)をしてきました。
前回の「最高の結婚相手を見つける『平熱」と『ゆでガエルの法則』」もあわせてご覧ください。


【第38回】マッチング=双方の幸福度が極大化する組み合わせ

アルテイシア 愛され痴女 エロス セックス  レス こじらせ 香水瓶の理論 マッチング 主体的 結婚
by Pedro GuridiD

AM編集部(以下、AM): 「結婚したいけど相手がいない」と悩む女子も多いし、彼氏はいるけど「結婚して大丈夫?」と悩む女子も多いと感じます。

アルテイシア(以下、アル): 私の周りにも多いです。そういう女子は、結婚をすごく特別なものだと考えている気がする。
私はジェーン・スーさんの『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』が大好きで。女友達にも勧めたら「あるある感がありすぎて、自分が書いたのかと思った」とか言っていて(笑)。

それでいうと、私は未婚のプロのまま結婚したんですよ。何も諦めてないし、何も捨ててない。“そのまま”で合う相手を見つけて結婚したから。
おせんべいの片割れって、理想にピッタリじゃなく、自分を削らなくてピッタリと合う人。私はエリートの元彼たちと付き合って「自分は、合わない靴を無理に履き続けるのは無理な女だ」と気づいたんです。
そんな自覚のある人は「結婚するために変わらなきゃ」って努力するより、変わらなくていい相手を見つけるために努力した方がいいんじゃないかな。

AM: 確かに無理して付き合っても、いずれは破たんしますよね。

アル: それに無理して元彼と結婚していたら、私も不幸になったし、相手も不幸になったと思う。
マッチングって、双方の幸福度が極大化する組み合わせなんですよ。
うちの夫は格闘家だけど「結婚したら弱くなる」と思っていたらしい。独身時代のように稽古できなくなると。
でも結婚後ますます稽古に励んでいるし、体もどんどんデカくなっていますよ。結婚当初はテリーマンだったのが、今ではネプチューンマン(漫画『キン肉マン』に登場する超人)のように(笑)。

AM: (笑)。それはアルテイシアさんが束縛しないからですか?

アル: お互いに束縛はしないです。私もやりたい事があるから。
私も結婚前より、仕事もプライベートも充実しています。精神的に安定したのもあるし、なにより、恋愛や婚活に時間とパワーを奪われずにすむから。

お互いに「いい嫁・いい夫」を求めない

AM: ほんと奪われますよね…。やっぱり「発想の転換」が大事なんですね。

アル: うん、「結婚はこういうもの」と決めつけない方がいいと思う。
まあ、うちは子どもがいないのが大きいけど。それも夫と話し合って決めたんです。「2人とも子育てよりやりたい事があるから、持たないでおこう」って。その部分もうまくマッチングした。

とはいえ私も昭和の女なんで「結婚したら子どもは作るものだ」と思っていて。そうじゃない選択肢を提示されて、目の前がパーッと開けました。「私、自由に生きていいんだ…!」って。
うちはお互いに「いい嫁・いい夫」を求めないから楽ですよ…って、ほんと寒いノロケですみませんね。

AM: 寒くないですよ(笑)。私も「いい嫁を求める人と結婚は無理だな」と思っていたんで。

アル: 無理だと自覚している方がいいと思う。「いい嫁を求めない相手を探そう」って考えられるから。
私は38歳だけど、アラフォー世代って「いい嫁にならなきゃ」って呪縛が強いんですよね。「家庭的で男を立てる女じゃなきゃダメ、そうじゃない自分は結婚できない」みたいな。

AM: 二十代はそこまで強い呪縛はないかもしれません。

アル: 男女共同参画世代ですよね。酒井順子さんのバブル世代は、専業主婦とキャリアウーマンが完全に二分化されている気がする。社会的な背景も影響しますよね。アラフォーは股裂き状態だと思う。
母親が専業主婦で「昭和の良妻賢母イメージ」もありつつ、「女も自立すべき」って教育を受けてきて。西川史子先生とか、そこに苦しんだのでは?と勝手に想像しています。

AM: そうかもしれません…。でも「働きながら家事育児もしなきゃ」ってプレッシャーは二十代もすごくあります。だから結婚に不安を抱いてしまう。

アル: それも思いこみが大きいんじゃないかな。独身の女友達も「結婚したら夫の朝ご飯を作らなきゃいけない」とか思っていて。でも現実は、ご飯とみそ汁と焼き魚より、バナナとシリアルの方が栄養とれたりするんですよ。

AM: (笑)。現実にはそうですよね。

アル: そう。で、夫も「ギリギリまで寝て、サッとバナナを食べて会社に行きたい」と望んでいたりするんです。
なにより「朝ご飯作らなくていいから、機嫌のいい奥さんでいてほしい」と望んでいますよ、世の夫たちは。

思い込みに縛られない

アル: 既婚者同士でよく出るのが「頑張るのをやめたら、夫婦仲がよくなった」って話。
「いい嫁」に縛られてイライラしていた時は、ケンカが絶えなかった。むしろ寝ぼけつつベッドの中から「いってらっしゃ~い」と笑顔で手をふる方が、夫は喜ぶことに気づいたって。これって逆の立場でもそうでしょ?

AM: そうですね。イライラ機嫌の悪い夫と住むのは、一番のストレスだと思います。

アル:「テキトーで肩の力が抜けている奥さんの方が、家に帰るとホッとする」って周りの夫たちも言っています。
とはいえ私も昭和の女なんで、結婚当初は締切中も「ちゃんと晩ご飯作らなきゃ」と気負っていて。夫に「俺の晩ご飯なんか気にしなくていい、仕事を優先してほしい」と100回くらい言われて、ようやく呪縛が解けた(笑)。

努力家の女子は「いい嫁にならなきゃ」って呪縛に苦しむけど、それって相手のための努力じゃないんですよね。自己満足のためだし、それで「私はこんなに頑張っているのに…!」とイライラをぶつけるのは、やっぱりエゴだと思う。

AM: どうすれば呪縛が解けるんでしょうか?

アル: 自分に甘くなることじゃないでしょうか。それで「こうじゃなきゃダメ」って縛りを外していく。
外すコツは「本当にそうなの?」と疑ってみること。「朝食を作ることで、本当に双方の幸福度がUPするの?」って。そうすれば恋愛に限らず、生きやすくなると思う。

AM: やっぱり「前提を疑う」「客観性」がカギなんですね。

アル: たとえば「私は人と暮らすのが苦手だ、だから結婚できない」と悩む人もいるけど、「何人と同居したか?」って数えたら、せいぜい数人ですよね。家族とか元彼とか。
そんな少ないサンプルで結論づけていいの?相手によるんじゃないの?って視点をもつといいと思う。
「今の相手じゃなきゃ一緒に暮らせなかった」と語る既婚者は多いから。うまくいくかは、相手次第だと思います。

コンプリート欲求を手放す

AM: 「彼氏は好きだけど、もっといい人がいるんじゃ」と結婚を迷う女子にアドバイスはありますか?

アル: うーん。それは彼氏じゃなく自分の問題じゃないかな。
自分自身のコンプリート欲求。「あれもこれも全部欲しい」っていう。

AM: 確かにそうですね。自分が本当に欲しいものがわからなくて、混乱している状態です。

アル: 自分軸と他人軸がごっちゃになっているんだと思う。
結婚って「切れた電球を買いにホームセンターに行く」的な日常の繰り返しだから、ホームセンターに楽しく行ける夫がいい。でも「ホームパーティーで見劣りしない夫がいい」とか、ちょっと思っていません?

AM: 正直ちょっと思っています(笑)。今、グサッと胸に突き刺さりました。

アル: 私もそうだったから(笑)。ホームパーティーなんかめったにしないくせに。昔の自分に「年に数回の『よそゆき』を基準に選ぶのか?」と言ってやりたい。
昔は「そういう場でスマートに振る舞えて、ちょっと自慢できるぐらいの夫がいい」と求めていたけど、それって他人軸、つまりは見栄ですよね。周りを見ても、見栄を捨てた人から幸せになっていますよ。
それに結婚して数年たてば「やっぱ女だけで集まる方が楽しい」と気づくから(笑)。 子持ちの女友達も、子どもを夫に預けて遊びにきますよ。そういう時、機嫌よく預かってくれる夫が一番。

AM: リアルですね(笑)。未婚女子は頭でいろいろ考えちゃって、前に進めないのかもしれません。むしろ何も考えてない人の方が、結婚している気がします。

アル: 考える人に「考えるな」と言っても無理なので、考え方のクセを治すのがいいと思う。
コンプリート欲求の強い人は「全て揃えるのは無理だし、そこを目指すと不幸になる」と自覚して、「無いものを数えない、今ある幸せに着目する」って方向に変えていく。

実際、今ある幸せに着目する人は幸せになっていますよ。
それって「自己承認」できているってことだから。そのままの自分を認めれば、そのままの自分に合う人を好きになれると思います。

AM: すると幸せな「そのまま婚」ができるんですね。

アル: そうですね。女子は「料理や女磨きを頑張ろう」と増やす方向にいきがちだけど、手放すことが大事だと思う。
<縛り・思いこみ・コンプリート欲求>を手放せば、幸せに近づくんじゃないでしょうか。

 …次回は<老後の不安を口にする人は結婚できない>等のテーマで語ります!

恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座 アルテイシア
『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』/著:アルテイシア/出版社: KADOKAWA/メディアファクトリー

 

 新刊『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』が発売中です!
女子がハッピーに生きる知恵が満載♪ぜひお手にとってもらえると嬉しいです。
質問や感想は、@artesia59までどうぞ~

Text/アルテイシア


AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

アルテイシア
作家。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら