自己分析はNG!「おせんべいの片割れ=伴侶」に出会う方法/愛され痴女 

ブランドではなく、自分の票田にリーチする目印をつけよう!

 先日AM編集部にうかがって、出張講座(笑)をしてきました。
前回の「恋愛は選挙じゃない!「本命の1票」を手に入れる正しい方法」もあわせてご覧ください。


【第36回】本命に出会うカギは、場所を変えて「票田」を見つけること

アルテイシア 愛され痴女 エロス セックス  レス 女性器 オナニー 小陰唇 性器 喪女 こじらせ 一本釣り 香水瓶の理論 選挙
by Carmela Nava

AM編集部(以下、AM):「本命にどうすれば出会えるか」を読者は知りたいと思います。先ほど「就活と婚活は似ている」と仰ってましたが。

アルテイシア(以下、アル): 私は広告会社時代、新卒の採用面接もしてたんですね。
就活本には<まず自己分析しよう>と書いてるけど、初めに自己分析はしちゃダメなんです。なぜなら、就活する前って仕事を知らないから。

企業のセミナーや説明会に行って、いろいろ話を聞く中で「こういう仕事は無理かも」「これは自分に合ってそう」と分かってくる。それ以前に「自分に合ってる業種は?」と自己分析しても答えは出ないし、むしろ絞ることでチャンスを狭めてしまう。

AM: たしかに、それは婚活でも言えることですね。

アル: そう。「私にピッタリの伴侶は?」と頭の中で自己分析しても、正しい答えは出ない。リアルで色んな男に会わないと。

私は婚活の相談に「100軒のラーメン屋に行こう」とアドバイスしてるんです。
「私にピッタリのラーメンは?」と考えても、実際に食べてみなきゃわからない。いろいろ食べる中で「トンコツは好きじゃない」「醤油派だと思ってたけど、じつは味噌だった」とか分かってくるので。

だから努力すべきは、出会いを増やすこと。
…まあそれが大変なんですけど。私も独身時代「誰か紹介して」って言いまくって、自分でも「ア○ウェイの人?」と思いましたよ(笑)。
でも現実主義者なので「自然に出会いたい、とか言うてる場合じゃない!」と己をビンタする気合いで頑張りました。