ブランド品より、ピッタリの靴がいい!

AM: いっぱいアドバイスを頂きましたが、すべて実践的ですよね。それはアルテイシアさんが「動きながら考える」現実主義者だからですよね。でも動くのって大変だから「もうここで決めたい」と思っちゃったり…。

アル: でも就活も、就職した後の方が長いでしょ?合わない会社に入ったら、その後何十年も苦労しますよ。それは結婚も同じだと思う。

…と言いつつ、私も「エリートと結婚すべきか?」と揺らいだ時期がありました。男に高望みしてるからじゃなく、絶望してるから条件を求めた。条件で選ぶ方が楽だから。「ピッタリの靴に出会えないなら、どうせならプラダを選ぼう」みたいな。
でも、自分は合わない靴を履き続けるのは無理な女だと気づいたんです。

それから夫に出会って、「ピッタリの靴に出会ったら、これ以外はイヤだから、ブランドなんかどうでもいい」ってことに気づいた。

AM: それは出会った瞬間「ピッタリ!」と分かるものなんですか?

アル: それが分からないから、ややこしいんですよね(笑)。
なんせ夫はダサくて、高校時代に買った肩パット入りのコートを着ていて「貧乏はいいけど肩パットは無理!」と思った。
その後も、話していて超楽しいけど、恋愛感情はゼロで「この人とは69できないわ、69できない男は無理」と思ったけど…。結果的には、ときめかないのがよかったんです。

…続きは、次回<最高の結婚相手を見つける方法>でお届けします!

恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座 アルテイシア 『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』/著:アルテイシア/出版社: KADOKAWA/メディアファクトリー

 質問や感想は、@artesia59までどうぞ~

 そして、2/7(金)に、新刊『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』が発売されます!
ぜひお手にとってもらえると嬉しいです。      

Text/アルテイシア

AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

前後の連載記事