• love
  • 2014.10.01

「プレゼントはわたし」は実際にやっていいんですか?/山田玲司の男子更衣室

 にゃにゃーん

 愛を持て余すチワワのみなさんこんにちにゃ。ニコニコ動画で番組始めたら自分のしゃべってる映像がマヌケすぎて立ち直れない山田玲司です。
ネットは地雷だらけですね。すみません。受け入れます。(※ニコニコ動画「山田玲司のヤングサンデー」はこちら!

 さー今週も思わぬ地雷にブルブルしてるチワワのみなさんのために答えるにゃー。

彼のプレゼントに困る! (38さん・東京都・20歳)

Q.20歳の大学生です。付き合って半年になる彼の20歳の誕生日があるのですが、ほぼ無趣味な彼にあげるプレゼントを悩んでいます。
普段使えるものがい いらしく、財布にしようと思ったのですが、私の誕生日にもらったものは「マグカップ」「ミニ花壇ドライフラワー」とあまり高価とは言えないものでした。
誕生日前にネックレスがいいなーと言っていたので、ちょっと期待はずれだった...というのがちょっとした本音でして(笑)

 ということで、付き合って半年だし、財布をあげるのもまだ早いのかな?
なんて考えてたら決まらない現状です。助けて!山田さん!!

A、「プレゼントはわたし」は実際アリか?

 何しろこの企画は男が語る男の本音が売りなので、今回言ってしまいます。

 実は男という生き物は「プレゼント交換」なるものが本当は嫌いです。

 あー。ついに言っちゃったー。でもそうなんです。
中にはサプライズだのプレゼントだのが大好きな男もいますけど、これは「サプライズを仕掛けるセンスのいい自分」が好きなのです。
あとはプレゼントの力でいかにポイントが稼げるか計算してるタイプや、日頃の悪行(バレてないもの多数)で後ろめたくて、それを埋めるために変なプレゼントをあげたりする男もいます。

 女の人のプレゼントが「二人の記念」だったり「彼をもっといい男にするための何か」だったりするのに対して、プレゼントに気合いを入れる男は自分のポイントを上げるためにやってる人が多いのです。
夜の女の人に高価な貢物をするオヤジですね。即質屋で現金化されるのも知らずに、喜んでる彼女を見て「俺って女を喜ばせちゃうんだよなあ」とか本当に思ってるんで悲しい生き物です。どうでもいいけど。
そんなわけで、僕はこの誕生日やクリスマスのプレゼント交換は本当に辛いイベントでした。すみません。

 昔は、女の人がこれほどまで「プレゼント」に期待してるとは思っておらず、その価値観の違いに苦しみました。

 おまけにデート費用は男が出すのが当たり前の「バブル世代」。
普段からギリギリの漫画家生活で高価なプレゼントができる余裕はなく、彼女から高価なものをもらってしまうと「自分もそうしなければならない」というプレッシャーを感じていました。

 しかも若い彼女は残酷です。なけなしのお金でなんとか形になるものを選んでも「欲しかったのはこれじゃなかったのに」という顔になるわけです。がんばって彼女が「嬉しい」とか言ってくれても、期待はずれだった失望は表情に出ています。そして関係ないケンカの時などに唐突に「攻撃材料」となって僕を攻めてくるわけです。

 う…
………すみません。辛くなってきたので早退してもいいですか? ダメ? はい。

 まあともかく恋愛というもの自体「相手に自分の勝手な理想を託す行為」なので、こういう事故は仕方ないんですけどね。

 さて、それでは男が本当に喜ぶ「心から欲しいプレゼントは何か?

男が本当に喜ぶ心から欲しいプレゼント

 そんなもの「サービス券」に決まってます。

 あ……引かれた?! やっぱ言わなければ良かった。何のサービスかって?もう。

 わかってるくせにチワワちゃん。

 青年誌で定番の「プレゼントはわたし♡」っていうのもあまり間違ってはいません。

 ただこういう事ができるお嬢さんはこういうことに酔える才能があるお嬢さんなので、同じテンションで男が反応してくれるかどうかはわかりません。
この勢いに応えられるセックスができるだろうか?とかわたしというプレゼントが重荷になる男もいます。

 ここでのポイントは「サービス」なのです。
普段男は女の人に何らかの圧力を感じているものなので、100%自分のために彼女が尽くしてくれる夜は男の夢なのです。バカですね。
でも女の人が「バラの花びらの巻かれた大きなベットにお姫様抱っこで連れて行って欲しい」というのと大差ない話です。

 フレンズという海外ドラマで、彼女に本当にしてほしい事を問い詰められたオタクの彼が「スターウォーズのレイア姫がビキニになった時の格好でして欲しい」と言うシーンがありますけど、世界中の男がそんなものなのです。

 やばいなこの話止まんないぞ。しかも相談者さんはまだ大学生か。そうだな。とにかくまず「男は女の人と違って物に期待してない」のと「若い男にはお金がない」と「それなりに苦労してプレゼントを探してる」という事実は頭に入れておいて下さい。

 あなたが彼に安いものをあげても彼の気持ちが冷めることはありませんよ。

 安い財布でも、キットカットでもいいから形だけの何かをあげて「100%のサービス」をオプションにつければ彼はあなたに夢中です。コスパ最高。これが男です!
ごめん!

Text/山田玲司

山田玲司さんに恋愛相談したい方、絶賛募集中です!

お申し込みはこちら

ライタープロフィール

山田玲司
マンガ家。インタビューマンガから新書まで幅広く手掛ける。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら