山田玲司の男子更衣室へようこそ

モテる浮気男にボロボロにされ…何も決めない男は何を考えているの?/山田玲司の男子更衣室

寡黙で自己主張しない男性ってモテますよね…。でも、そんな男性は裏を返せば優柔不断で、誘われれば断れない浮気男だったりします。そんな男性を好きになってしまったらどうすればいいのでしょうか?

 ホーホーホー
レイジサンタだよ?今週も死にたい子はいるかな?
サンタも時々死にたくなるよね。これがクリスマス。

「本当に一緒にいたい人と一緒にいられないのがクリスマス」だね。ホーホーホー。
きゃー。なんかごめん。ホー。現実って時々直視に耐えないよね。ホー。お元気ですか?

 え?「しばらくここの連載見なかったけど何してたの?」って?
・・・・・違うって、どっか他の女のサンタとかやってたわけじゃねえって、マジで。埼玉の草加に巨大なハムスターが出現してみんなを怖がらせているから、変身して戦ってたら、タイムスリップして1600年の大阪にいて、せっかくだから真田幸村に会ってからドクを探してデロリアンに燃料を・・・

 え?そういうのもういいから相談に答えろ?
ですね。

山田玲司 恋愛相談 男の本音
「ペンギン狩り」©山田玲司

 それにしても、クリスマスってのは罪なイベントですよね。
それで「本当に好きな人と、好きじゃなくても一緒にいなければならない人」がはっきりしてしまったりね。
「会えない人ほど愛おしい」とかね。「ぼんやりした人生を揺さぶる」っていう意味では、悪くない季節なんだけど、「当事者の地獄」って、キツいもんね。
そんなお嬢さんやマダムに「愛」とか「天使」とか送るよ。マジで。

 ちなみに、僕の漫画で「ペンギン狩り」っていうのがあるんだけど、これはまさに「不倫のクリスマス」の話で、中々の傑作です。
「かなしみの妖精」が降る夜にペンギンが訪ねて来る、って話なんだけど、「ゼブラーマン」5巻に特別読み切りとして載っているので、ぜひどうぞ。

 それでは、今週もいくよ。ホーホーホー!