• love
  • 2014.06.12

好きな人とずっと一緒にいることがセックスを遠ざけてしまう話

結婚後のセックスレス問題と並んで悩む人が多い、同棲後のセックスレス問題。好きな人と一緒にいたい、生活をともにしたいという気持ちが性的な欲求や手に入れられない女的感覚をどんどん失わせてしまうのです。デメリットがあるもののそれでも幸せになるための手法でもある同棲、同居。あなたはどちらを選びますか?

好きな人とずっと一緒にいられる同棲 確かに別れづらくはなるが…

ファーレンハイト 恋愛 同棲 コラム
©Mysi(new stream www.flickr.comphotosmysianne)

 さぁ、今日も四六時中頭を支配する本当の恋愛の話をしようか。

 同棲。好きな人とずっと一緒にいれて、寂しくなるようなひとりの夜もない。
意識しなくても恋人と同じ空間にいれるのは最高だ。

男よりも、女の子のほうが強い実感と憧れをともなうんじゃないかしら。

 俺自身、同棲が三年目に突入していて、完全に自分のライフスタイルの前提になっている。
彼女が空いている夜はなるべく早く、まっすぐ家に帰りたい。
どんなに楽しい飲み会でも基本的には終電で帰るし、終電がなくなったときも心配させたくないからタクシーで帰るようになった。
いや、朝帰りするのと女性から見たときの印象がマジで違うみたいなんすよね。
ひとり暮らし時代に既婚の先輩に言われたときは実感しなかったことなのだけど。

 そういった<独身なのに好き放題できない>はあるんだけど(相手がうるさく言わなくても…!)、やはり好きな人と時間を合わせることなく、自然に一緒にいれるのは良い。「会う」と「居る」のちがいはすごく大きい。

 美容師の人に聞く話だと、彼(女)らは同棲するパターンが多いらしい。
おたがいに自由な時間が少ないから、わざわざ日程を調整する必要がない同棲を始めるんだとか。
週末休みの会社員同士のカップルだと実感しづらいけれど、どちらかが平日休みの場合は「どちらかに合わせる」必要が生じて、どちらかの負担につながる。
それが解消されるのも大きいだろう。

 たぶん女性だって無邪気に「好きな人とずっと一緒にいれる!」と思っているわけではなくて、同棲すればそうそう別れないだろうという読みはありそう。
で、それは当たっている。同棲解消はなんとなくで踏み切るにはわりと気が重い。
たいていの男はちょっとやそっとでは現状維持をはかる生き物だから。
この蟻地獄は積極的に使っていってほしい。


 さて、同棲に関して俺が書いておこうと思うのは「結婚」「セックス」の観点だ。

同棲して一定期間経過するとなかなか動かない

 結婚について。これは肯定的な意見も、否定的な意見もありますよね。
前者は、一緒に生活をしなければ見えない相手の素顔を結婚前に見ておけるということ
特に期間限定の場合は有効な手段で、マジで失望すれば結婚を考え直せばいいし、やっぱり間違いなさそうであればそのまま結婚につなげればいいという。(まぁ俺のまわりでは同棲なしで結婚したり、微妙に感じてそうだけどそのまま結婚しちゃって上手くいっているケースも多いけど)

 後者に関しては、「同棲して一定期間経過するとなかなか結婚に動かない」言説でしょうか。
これは本当に覚悟してほしくて、その通りだと思うんですよ。
特に働きたい女性にとっては深刻な話で。
というのも、同棲って「子育てをしない結婚」と変わらないんです。
籍を入れていなくても生活をともにするのは本当に大きい。
逆に言えば、子どもができない(作ろうと踏み出さない)かぎりは結婚に踏み込む理由がなくなりがち。

 いつの間にか同棲してけっこう長い時間が経っていたってことになり得るのかな、て。
俺個人としては結婚しようがしまいが、一緒にいる人がいれば良いんじゃないかと思うんだけど、そのあたりは繊細な話になりますしね。
結婚と出産の適齢期のタイムリミットを考えた時に、女性と男性の感覚は大きく違うだろうし。
とにかく、結婚を最優先事項で考えているんなら、なんとなくノリで同棲をスタートするんじゃなくて、期間を切って結婚する方向に持っていくのはマストになると思う。
まぁ俺は10年くらい同棲して、そのうえで結婚とかもカッコ良いと思うんすけどね。

同棲すると「セックスのための時間」が厄介

 セックスについて。同棲するといつでもセックスできそうだけど、同棲した男友達が口をそろえて言うことがある。

「セックスをあまりしなくなった」

 これは俺も痛感していることで、愛情とは別問題でなんか機会が減る。
たとえば別々に暮らしていて、その日はお泊まりって流れなら普通にセックスするじゃないですか。
これが同棲となると自然な流れでセックスってのがなくなるんですよ。
自然な流れは「生活」だから。普段からスキンシップが多かったり、キスをするようなカップルでもそうだと思う。エロモードに切り替わりにくいんですよね。
あらたまらないとそっちにいかない。愛とエロは微妙に違うことを痛感するわけです。

 生活のなかで「セックスのための時間」を意識して作り出すことはけっこう厄介な側面があって、お泊まりの流れで自然とセックスすることとの断絶をけっこう感じる。
おたがい遅くに帰ってきて、「明日もあるから優先しよう」とちょっとしたお喋りもしないで即セックスに入るとか考えにくいですからね。
絶好のタイミングって意外に少ない。

 同棲を考えている女性は、結婚とセックスについてこういうデメリットもあることを知ったうえで始めてみてほしい。
とはいえ、やはり幸せですよ。
毎日、数時間でも必ず顔を見ることが出来て、必ずしも満足できる時間でなくてもお喋りが出来て、セックスしなくても抱き合って寝ることが出来る。
それでも物足りないと感じるのは、別々に暮らしていたときにくらべるとすごく贅沢なことだと思うんですよね。

 自分は理解のある彼女のおかげで窮屈な思いをしないで済んでいる部分が多々あるのだけど、同棲したことで育まれた愛情はやっぱりある気がして、してみてよかったかなぁと思ってる。


Text/ファーレンハイト

ライタープロフィール

桐谷ヨウ
脱力系ヤリチン、週末コラムニスト。恋愛コラムで一躍人気ブロガーに。

今月の特集

AMのこぼれ話