これからの「本当の恋愛」の話をしよう

好きな人とずっと一緒にいることがセックスを遠ざけてしまう話

結婚後のセックスレス問題と並んで悩む人が多い、同棲後のセックスレス問題。好きな人と一緒にいたい、生活をともにしたいという気持ちが性的な欲求や手に入れられない女的感覚をどんどん失わせてしまうのです。デメリットがあるもののそれでも幸せになるための手法でもある同棲、同居。あなたはどちらを選びますか?

好きな人とずっと一緒にいられる同棲 確かに別れづらくはなるが…

ファーレンハイト 恋愛 同棲 コラム
©Mysi(new stream www.flickr.comphotosmysianne)

 さぁ、今日も四六時中頭を支配する本当の恋愛の話をしようか。

 同棲。好きな人とずっと一緒にいれて、寂しくなるようなひとりの夜もない。
意識しなくても恋人と同じ空間にいれるのは最高だ。

男よりも、女の子のほうが強い実感と憧れをともなうんじゃないかしら。

 俺自身、同棲が三年目に突入していて、完全に自分のライフスタイルの前提になっている。
彼女が空いている夜はなるべく早く、まっすぐ家に帰りたい。
どんなに楽しい飲み会でも基本的には終電で帰るし、終電がなくなったときも心配させたくないからタクシーで帰るようになった。
いや、朝帰りするのと女性から見たときの印象がマジで違うみたいなんすよね。
ひとり暮らし時代に既婚の先輩に言われたときは実感しなかったことなのだけど。

 そういった<独身なのに好き放題できない>はあるんだけど(相手がうるさく言わなくても…!)、やはり好きな人と時間を合わせることなく、自然に一緒にいれるのは良い。「会う」と「居る」のちがいはすごく大きい。

 美容師の人に聞く話だと、彼(女)らは同棲するパターンが多いらしい。
おたがいに自由な時間が少ないから、わざわざ日程を調整する必要がない同棲を始めるんだとか。
週末休みの会社員同士のカップルだと実感しづらいけれど、どちらかが平日休みの場合は「どちらかに合わせる」必要が生じて、どちらかの負担につながる。
それが解消されるのも大きいだろう。

 たぶん女性だって無邪気に「好きな人とずっと一緒にいれる!」と思っているわけではなくて、同棲すればそうそう別れないだろうという読みはありそう。
で、それは当たっている。同棲解消はなんとなくで踏み切るにはわりと気が重い。
たいていの男はちょっとやそっとでは現状維持をはかる生き物だから。
この蟻地獄は積極的に使っていってほしい。


 さて、同棲に関して俺が書いておこうと思うのは「結婚」「セックス」の観点だ。