• love
  • 2013.06.15

彼の冗談を心の中で笑えていない? 暴言もデートDVの一つです!

 こんにちは。
恵比寿の女性専門カウンセリングルームfour-heart-cloverカウンセラーの荻です。

 先月は、特集にあわせ「回避依存」「恋愛依存」について書かせていただき、今月から「デートDV」について書かせていただいています。

 前回ではデートDVとは一体どんなものかという入口のようなところと、簡単なチェックシートをご紹介させていただきました。

 今回からは、チェックリストの項目を、具体的な例も挙げながらご紹介していきます。

「暴言」と「冗談」の違いは心が傷ついているかどうか

荻尚子 デートDV
haley


 世の中からデートDVなんて本当に無くなって欲しい。

 デートDVは、
「彼は私を愛しているから、その気持ちが爆発して殴っちゃうの」
「彼は愛情表現が下手だから時に暴言を吐いてしまうの」

 ということではないです。
たくさんの人がデートDVを理解し、デートDVに苦しむ人が一人でも少なくなるようにと思っています。

 さて、最初の項目は『暴言』についてです。

 暴言と一口に言っても様々ですし、暴言と冗談の線引きというのもとても難しいと思います。

 大好きな彼が言っていることは冗談に決まっている。
本気で言っている訳ではない。彼は辛口だから。彼は冗談が過ぎるの、と。

 彼の言っていることを、擁護して捉えてしまう人がとても多いのが実情です。

 でも、どうなんでしょう。
実際、冗談だという空気が流れていたとして、その「冗談」で心は傷つかないのでしょうか?
自分が傷ついているようであれば、それは立派な暴言ということになると思います。

暴言は冗談っぽく言っていたとしても
隠れた意味を感じる


 例えば、A君とBちゃんというカップルがいます。
A君はいつもBちゃんをからかっています。

A君「ホント、お前ってバカだよね。何にも知らないのね。俺がいないと何にも出来ないもんね(頭ポンポンってなでながら)」
Bちゃん「うん。私バカだから何にも知らないの」

 例えば、この会話がたった一度きりの会話であるのであれば暴言と言い難いと思います。
(ちょっと微妙かな、私なら一回でも言われたくないけど(笑)。まぁ、一回なら良いとしよう。)

 しかし、この会話がしょっちゅう繰り返されているとしたらどうでしょうか?

Bちゃんが何か意見をしようとした時、
Bちゃんが何かを始めようとした時、
A君がそんなBちゃんを遮るように、上記の言葉をBちゃんに言っていたとしたらどうでしょうか?

 この言葉の裏に
「お前は俺が決めたこと以外はしてはいけない」
「お前は頭が悪いから意見してはいけない」
という意味が隠されているように感じていくのではないでしょうか。

 また、ちょっとした喧嘩をした際に
「マジで死んでくれないかな」
「今すぐ死んで謝罪しろ!」
「いいから死ね!」
などという言葉やメールが送られてくるというのは、明らかな暴言にあたると思います。

 中には
「お前みたいなブスいなくなってせいせいするわ」
「お前なんて人間以下だ」
「クズ! 死ね」
「ババァと付き合っていると、趣味が悪いと思われるから離れて」
「その不細工な顔どうにかしてくんない?」
「いい加減痩せたら? 気持ち悪いんだけど」
などなど…耳を覆いたくなるような暴言を吐かれている人はきっといると思います。

 こんな時、被害者側の女性みんなが言うことがあります。

暴言を吐かれてもいい理由はない


「私が悪いことをしてしまったんで、怒られても仕方ないんです」

 でも、それって本当でしょうか? 悪い事ってなんですか? とお伺いしてみると、

・デートの時、彼の意見を聞く前に自分が行きたい所を言った
 ⇒何が悪いんでしょうか?

・仕事中で電話に出られなかった
 ⇒当たり前です

・仕事終わりに友達に会ったことを事前に報告しなかった
 ⇒わざわざしませんよね

 例えばこんなことなのです。
悪くも何ともないことでも、「お前が悪い。お前が俺を怒らせた!」と言ってはヒドイ言葉を吐かれてしまうんです。
しかも、「怒らせた自分が悪いんだ。だから、これらの言葉を言われても当然」と思ってしまっているようです。

 例え、浮気がバレたなどの、本格的な過失があったとしても、喧嘩になることや、怒られることは仕方ないとしても暴言を吐かれても良いということには繋がりません。

 何か悪いこと、失敗をしたからといって、暴言を吐かれてもいいということにはならないんです。

軽く捉えがちだけど言葉は重いもの
暴言から自信がなくなってしまうことも


 暴言って怖いんです。

 暴力を伴っていないので、言っている方も、受けている方も軽く捉えようとしてしまうんです。
「暴力を振るわれている訳じゃないし」とか、「私が不細工だからしょうがないんだ」とか(実際は違っても)。
言葉って「言霊」とかって言う言葉もあるくらい、大切だし、重いものなんです。
言われているうちに、事実と違っていてもだんだん信じてしまうようになるんです。

 例えすごく美人な人でも、日々大好きな彼から
「お前って不細工だよな」
「よくその顔で外で歩けるよな」
などと言われてしまったとすると、その美人の女性は次第にそれを信じ、「自分は不細工で外を出歩くのも恥ずかしいような容姿なんだ」と思うようになってしまうことすらあるのです。

 知らないうちに暴言ではなく、相手が真実を言ってくれているそんな気にさえなってしまうくらい言葉には大きな力があります。

「お前は馬鹿だ。」
「一人じゃ何もできない」
「どうせ、誰からも相手にされない」
「お前はルーズだから」
「気が利かない女」

などもそうです。
事実では無くても、彼の主観で言われているうちに私ってそういう女なんだってだんだん信じてしまう人も多いです。

 こうやって、思い込みを深めていってしまうと、その彼とは終わったとしてもその後の自分に大きな被害をもたらしてしまいます。
自信が無い女性は、男性からあまりモテなくなってしまうということも大きいですし、自信がないせいで、仕事がうまくいかない、人づきあいがうまくいかないなんてことに繋がる人もいます。

 また一番よくあるパターンは、暴言の彼とやっと別れたにも関わらず次は暴力を振るう彼氏なんて具合に、良くない彼氏が続いてしまうということです。

「たかだか暴言」では済まされないのが、この暴言なんです。

 皆さんはいかがでしたでしょうか?

 まず、自分が傷ついているのかどうか、もう一度自分の心に聞いてみてください。
冗談っぽくされていて、自分も「ひどーい!」なんて笑いながら返していたとしても、本当にそれが自分の心の中まで笑いになっているのかどうか。
もし心の中で笑いになっていないようであれば、ちゃんと考えてみましょう。

 次回は「人格を否定される」について、お話して行きます!

Text/荻尚子

■合わせて読みたい
6月特集
5月特集
SEX新連載

ライタープロフィール

荻尚子
女性専門カウンセリングルームfour-heart- cloverを運営。年間500人を超えるの方をカウンセリング

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら