相手から必要とされることに依存してない?「共依存」チェックリスト


 皆さんこんにちは。
女性専門カウンセリングルームfour-heart-cloverカウンセラーの荻です。

 やっと春がそこまでやって来ましたね。
今年は雪も多く寒かったので、春が待ち遠しい!そんな人も多いのではないでしょうか。
春といえば、多くの人が新しい期待に胸を膨らませてポジティブになれるシーズン。
ただ、だからこそ、「そこに自分はついて行けない」と鬱気味になる人が多い季節でもあります。

 自分なりに、自分のペースで、周りの情報やテンションになどに流され過ぎないよう、日々を過ごして行きましょうね♪

相手の問題を解決することばかりに夢中になってませんか?

荻尚子 デートDV
llinddsayy


 さて、今回のテーマは「共依存」です。
皆さんも言葉ぐらいは聞いたことがあるのかな?

 共依存とは、自分を大切にしたり、自分の感情などに向き合うことよりも、身近な存在(配偶者、家族、恋人、友人など)の問題ばかりに気を取られ、解決しようと夢中になってしまうこと。
この相手の問題は、よくアルコール依存、ギャンブル依存などが例えで言われるけど、浮気、うつ病、DVなどでも共依存になる可能性があります。

 そして、必死に相手の問題を解決しようとしているつもりが、「彼は私がいなきゃダメ」と相手から必要とされる状況に依存してしまい、最悪の場合は、相手が依存などの症状から回復するのをわざと妨げてしまうこともあります。
さらに、問題を抱える相手も支えてくれる彼女に依存してしまい、自分の問題として向き合うことができづらくなるんです。

 また、共依存は、依存症のように目に見えて明らかに依存しているわけではないので、問題が見えづらく、本人も依存している自覚がない人が多いです。
そのため、共依存本人は「必死に相手の手助けをしているだけで、自分には問題がない」と思いがち。
共依存であることに気づかないまま一緒にいて、相手の問題や二人の関係はどんどん悪化していく。
簡単に言うと、そんな状況になってしまうのです。

 まずは、共依存に陥りやすい人のチェックシートを作ってみたのでぜひやってみてください。