荻尚子先生の恋愛カウンセリング 苦しいだけの恋愛に終止符を

「自分の恋人を孤立させたい」という気持ちが友達批判ににつながる!

恋愛心理カウンセラー・荻尚子先生がカップル間の信頼関係問題やデートDVに関してコラムをお届け。


 こんにちは。
恵比寿の女性専門カウンセリングルームfour-heart-cloverカウンセラーの荻です。

 前回はデートDVの暴言の中でも『人格否定される』について書かせていただきました。

 今回は『家族批判、友達批判をされる』について。
大枠で言うと、『暴言』にも入りそうだし、後々書きますが『束縛』にも繋がるものですが、こういうことも「デートDV」になるということを紹介していきたいと思います。

他の人の意見が入ることを嫌がり
友達批判し、仲を裂いてしまう

荻尚子 デートDV
haley


 デートDVをする人は
「常に自分だけを見ていてほしい」
「自分以外に興味を持たないでほしい」
「自分の言うことだけを聞いていてほしい」
という感覚を持っている人が多いです。

 なので、他の人の意見が入ることをとても嫌がる傾向があります。
そこには、デートDVをしてしまう人の「自信の無さ」の話にも繋がり、奥深いものがあるのですが…
今回は「家族批判、友達批判をされる」に沿ってお話していきたいと思います (話がついつい反れそうになる私です)。

 確かに恋人の友達で悪影響な人っていたりするから、彼とあまり一緒に遊んでほしくないなって思う人はいるかもしれない。
でも、それを強く強要することはできませんよね。
それに、その友達と仲良くする彼というのも、彼の一部分であると思うので、自分が気に入らないからといって否定するというのは、何か違うと思います。

 しかし、デートDVをしてしまう人はそんなことはお構いなしです。

 そして、本当にその友達が悪影響なのかということよりは、自分以外の人や物に時間を割いてほしくないという気持ちが大きいと思います。

 だから
「お前●●ちゃんと遊ぶようになっておかしくなったよな」
「お前の友達の●●ちゃんってすっげー評判悪いけど。お前大丈夫なの?」(作り話の場合が多いです)
などと遠まわしに、友達を批判してきたりします。

 普段から怒ることの多い彼にこんなことを言われると、だんだんそのお友達の話題を彼の前でしづらくなってしまいます。
その●●ちゃんが自分の相談相手で、彼との喧嘩の相談にもよく乗ってくれる存在だと、デートDVの人は余計嫌がります。

「その●●ちゃんが自分を批判している。彼女が●●ちゃんのことを信じたら自分の立場が危なくなる」

 そう思えて仕方なくなってしまい、どんどん●●ちゃんの批判が強くなっていきます。

 そして、何かの喧嘩の際に爆発が起こり、
「もう二度と●●ちゃんと付き合うな!これ以上●●ちゃんと付き合うなら別れる!」
と別れという脅しとともに●●ちゃんとの仲を引き裂いたりすることも多いです。