恋人を孤立させるため
友達だけでなく、家族に対しても批判をする

デートDVをする人は無意識の中で「自分の恋人を孤立させたい」という願望があります。

「友達なんか一人もいなくていい。自分だけのことを考えていてほしい」
友達といると変な意見が入るから、それが気に入らないという感覚です。

それは、友達だけではなく家族に対して向けられることあります。
人の価値観の中には親からの影響を受けているものがたくさんあります。
しかし、彼女の家での当たり前なことが自分にとって都合が悪かったりもする。

そうすると、
「お前の親はおかしい」
「だからお前がそんな風になっちゃったんだ」
「親が育て方間違えちゃったんだね」
「お前の親って普通じゃないよね。気が付かなかったの?」

このように言って、「自分が言っていることは正しい。親の言っていることは間違っている」という認識を二人の間に作りたがったりします。

親の価値観が彼女の中にあるのは邪魔だ。
親の価値観が彼女の中にあることによって、自分の価値観が尊重されないんじゃないか。
彼女と親の距離を離したい。
という気持ちが家族批判を引き起こすのでしょう。

直接「友達や家族に会うな!」と言わなくても
その話になると機嫌が悪くなったり喧嘩につながる

 このように、家族であっても、友達であっても、その人たちの意見が入ってくるのを嫌がるということは、家族や友達と会うと機嫌が悪くなるということにも繋がってきます。

直接的に「会うな!」という人はそれほど多くないと思うのですが、禁止まではしなくても、会う約束をしたと報告するとなんだか二人の空気が悪くなったり、実際親と出掛けたりするとその後は必ず喧嘩になるということも多いようです。

更に、友達や家族と会っている間に彼からメールや電話がくるというケースもとても多く、それにすぐに出られない、返信がすぐに無いなどを理由に逆鱗に触れてしまうという場合もあります。

そして、それでも気に入らないデートDVの人は、友達や家族と会っているのがわかっているにも関わらず、無理なお願いや用事を言ってきます。
それが今すぐできないことは最初から分かっているのですが、怒る前提で連絡をしてきて、当然のように怒りを露にします。

「できないお前が悪い」
「俺を大事にしていない」
「そんなに友達や家族がいいなら、そっちに行け」
などと言われてしまうようです。

前後の連載記事