荻尚子先生の恋愛カウンセリング 苦しいだけの恋愛に終止符を

DV男に人格を否定されても自分を責めないで!

恋愛心理カウンセラー・荻尚子先生がカップル間の信頼関係問題やデートDVに関してコラムをお届け。


 こんにちは。
恵比寿の女性専門カウンセリングルームfour-heart-cloverカウンセラーの荻です。

 前回はデートDVの中の代表的なものとも言っても過言ではない『暴言』について書かせていただきました。

 今回は『人格否定される』についてです。
「暴言」とかぶる部分も多いのですが、更に追い込まれるという部分について詳しく書いていこうと思います。

デートDVの一つ「人格を否定される」とは?


 人格否定される。

 そんなことは本来あってはいけないことなんじゃないかと私は思います。

 どんな人にも、そこに存在する意味があり、価値がある。
それを他人に否定される必要が無いからです。

荻尚子 デートDV
martinak15

 では、人格否定にはどのような言葉があるか少し書き出して見ます。
※耳を覆いたくなるような表現もありますので、注意してください

「どういう育ち方をしてきたんだ」
「お前の親はクズだ」
「お前に発言する権利などない」
「自分を俺と平等だと思うな」
「バカは言うこと聞いていればいいんだ」
「こんなこともわからないのか」
「こう思ってるのは俺だけじゃなくみんな言ってたから」
「生きてる意味ある?」
「よくそれで恥ずかしくないよね」

 皆さんは恋人にこんなことを言われたらどう思いますか?

 デートDVをしてしまう人には普段はとても優しいという人もたくさんいます。
ただ、怒り出すと相手に対する否定的な言葉が止まらなくなってしまいます。
怒り出した途端、人が変わったような顔つきになり、舌打ちをしたり、不機嫌に物音を立てることから始まり、何か口を開いたと思ったら上記のような言葉で人格否定してくる人もいます(メールの場合もあります)。
怒り出す原因となった内容とはかけ離れていても、相手の人格をこれでもかというくらい否定してきます。

 当事者じゃない時は「こんなこと言うなんてムカつく。言い返せばいいじゃん」、「そんな男、別れちゃえばいいじゃん」と誰もが思うんです。

 なぜ、このようなヒドイ人格否定があっても、それでも彼を好きで追いかけてしまうのかというと…