• love
  • 2014.05.25

ゲイ・レズビアンの愛!恋命のパリの自由と平等

 前回の「後悔しない同棲&結婚のコツ」も合わせてお楽しみください。

ゲイ・レズビアンの愛

中村綾花 世界婚活 同棲 結婚 奥様 専業主婦Howard Galicia

 ここ最近パリではカンヌ映画祭が放送され、マルシェではチェリーやメロンが並び始めました。
フランス人がヴァカンスの予定を話し合う声も聞こえて来て、パリの夏まであとわずか。

 それなのに、ヴァカンスに欠かせないフランス版新幹線に異常事態が生じてニュースになっています。
というのも、新しい車両を作ってみたら路線のサイズに合わなかった!?というトホホなもの。
先進国フランスでも、ドまぬけなミスがあったもんです。これをフランスのメディアが一斉にバカにして面白がっているのも、さすがフランスです。
日本だったら責任者が辞任だの自殺だのしてしまいそうな大損失問題ですが、そうならないのもさすが。

 さて、仕事よりヴァカンス命、恋命のフランスでは、恋や結婚をするのが男女カップルとは限りません。
特にパリではゲイ・レズビアンのカップルをよく見かけるので、パリ名物と言って良い程かもしれません。

 日本ではゲイ、といってもお姉キャラのタレントが目立つようですが、こちらではゲイのテレビの司会者から元パリ市長、ファッションデザイナーそしてレズビアンの歌手、女優と、あらゆるところで見られるのです。

 最近少しずつですが、日本でも「レズビアン」のメディア注目度が上がっているようですね。
先日、日本人のレズビアンカップルのお友達がパリに来て、一緒にランチをしました。
まだ同性結婚が法律的に認められていない日本で、初めてディズニーランドで挙式をあげたカップルです。

 このお二人は『レズビアン的結婚生活』や『ふたりのママから、きみたちへ』という本も出版し、※LGBTの存在を広め、後に続くレズビアンらの先人となるべく活動を日々しています。
パリでレズビアンカップルを見かけ慣れている私でも、日本人のレズビアンカップルの女性二人とランチするのは初めてでした。
でも「二人の女性が愛し合っている」という部分が他と少し違うだけで、なんという変わりもなくオーガニックレストランで美味しい食事を楽しみました。

 私がフランス人の男と 国際結婚をしたことは珍しい方だと思います。
レズビアンカップルというのも、珍しい。
両方珍しいのだけれど、断然レズビアンカップルの方が日本では知られていなくて、二人が生きて行くのに偏見やら社会的な障害やらがたくさんある。
「たまたま女性を愛する女性に生まれた」というだけで生きづらくなるというのは想像するだけでも苦しく感じてしまいます。

 そう、私は女性で、日本人で、あの両親の元に生まれて…これは全部自分が選ばなかったところにある「たまたま」なものなのです。

フランスで同性愛結婚が認められた理由

 フランスの凄いところは、フランス人全体にフランスで生きることの哲学が浸透しているところです。
市役所や学校なんかの公的建物には必ず「自由」「平等」「人民主義」という3つの言葉が刻まれています。

私がフランスに住むのに絶対不可欠なビザを発行してもらう際にも、この言葉やフランスの歴史について勉強する講習に必須参加でした。
なんでしょうね。難しい話は苦手ですが、この国では「人を愛するのにも自由と平等が認められる」ということです。

 フランスだからLGBTが多いということはないはずです。
人間だけでもなく動物にも一定数存在する同性愛。

 だから日本にもじつはフランスと同じくらい存在する「レズビアン」、それなのに私たちが知らないというだけで生きにくい思いをしている人たちが結構いるということです。
まずは知ることが日本人の私たちには必要なことだと思います。

※LGBTとは
レズビアン(女性に惹かれる女性)、ゲイ(男性に惹かれる男性)、バイ・セクシャル(両性愛者)、トランスジェンダー(性同一性障害)の頭文字を取った総称。

Text/中村綾花


AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

関連キーワード

ライタープロフィール

中村綾花
ラブジャーナリスト/ライター。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら