• blog
  • 2016.11.14

『鼻チュー』のすすめ

  • keyword:
突然ですが、どのようなチューをしていますか?
どのようにチューしていますか?

やっぱオトナなら「もったいぶること」が嗜み。

あなたはちゃんと“もったいぶって”いますか?

オトコという生き物は、すぐに獲物をあげちゃダメ。
獲物を得たことにちゃんと達成感を与えてあげないと。

手に入りそうで入らない。
じらされると燃えるのは、男も女もおなじ。

そこでオススメなのが、
『鼻チュー』

読んで字のごとく、鼻どうしでチューすること。

こんな感じ。

私「ねぇ、鼻チューしよっか」
男「なにそれ?」
私「鼻どうしでチューするの。
  でも絶対口チューはしたらあかんよ」
男「OK」

~鼻チュー実施~

男「あ~~!これはアカン!
  もうチューしていい?」
私「あかん。
  私は彼氏かペットとしかチューしないから」
男「じゃあ、付き合おうよ」

・・・とここまでいくかはわからないけど、
男の頭の中は理性がぶっとんで、
「チューしたい⇒つきあう?⇒チューしたい」
とぐるぐるして、誰もこくってないのに、
お付き合いについて検討が始まるわけ。

もし鼻チューを実施したあと、
あなたが『これはいいかも?』と思えて、
かつ彼がちゃんとガマンできたら、
ぜひごほうびチューをあげてほしい。

それはそのときではなく、
彼がチューを完全にあきらめた
帰りのエレベーターや、
タクシーの中や、
渋谷のスクランブル交差点など、
『突然ほっぺにチュー』

彼は間違いなくアドレナリン放出しまくりで、
「お?していいの?」
という反応をみせてくるので、
『次回ね!』
と最後までじらして帰ろう。

この時点で次回の約束はとれたし、
主導権も完全にこっちのもの!


そしてその次のデートで、
『あの約束、しようか』
ってここでやっとフレンチチュー。

チューしてみると不思議なことに、
その人との相性がだいたいわかる。

だからそのチューがよかったらあとは
『迷わずゆけよ、ゆけば分かるさ』

ガオガオ!!

関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

中野愛子
中野愛子

1979年兵庫県西宮市生まれ。立命館大学政策科学部卒業。専攻は野生動物の保全で動物(人間を含む)に強い興味を持つ。学生時代から合コンが日課で参加回数は計400回以上、お見合いや婚活パーティ、婚活サイトでの婚活も行う。サッカー選手、議員、某大手アパレルの御曹司らとの恋愛経験あり。大手人材会社で新サイトの立ち上げ、編集、プロモーションに従事するかたわら、「愛は世界を救う」というモットーのもと「モテ男塾」「恋愛力は仕事力」など恋愛に関する活動・イベントを多数開催している。趣味は、「恋愛!」と自信を持って言える婚活中の猛禽類女子代表。アラサー女子10人がつぶやく恋愛リアルネタを披露するTwitter@takadajyunjikoにも参加中。