Loading...

私の裸に文句言う男はノーサンキュー!自分のアソコも愛しましょう

前回は「肉食と草食と私」 について書かせて頂きましたが、今回は「女性器と私」について書かせて頂きます。

アソコの色や形、締まりが気になる

いきなりですが、最近、自分の女性器を鏡で見ましたか?

私はV・I・Oライン永久脱毛したんですが、いまだに産毛みたいなチョロ毛が生えてくるので、手鏡片手に毛抜きで定期的に毛を抹殺しております(痛いのよね~笑)。

毛の抜き残しはないかぁ~とアソコをまじまじと見る羽目になるんですが、結構グロい。加齢のせいか、はたまた肌が自黒のせいか色素沈着してるし、子供産んでるから切って縫った跡もあるし。頑張ったよなぁ、年を重ねた私のアソコ……としみじみします

さて、つい先日TVを見ていたら“モナリザタッチ”なるものを発見……! 膣の入り口と内にレーザーをあてて若返らせるという、膣のアンチエイジングだそう。ちなみにこの膣レーザーはアソコの締まりが良くなるだけでなく、尿モレ・性交痛・アソコの乾燥・におい・かゆみにまで効果があるとのこと。
アソコの見た目の整形があるっていうのは以前から知っていましたが、内部までメンテできるなんて! 調べたら他にも処女膜再形成手術もあるというし、アソコの整形にはいろいろあるんですねぇ~。

アソコの色・見た目・締まり具合に悩んでる方って結構いらっしゃいますよね。
お色に関しては、日本人独特の悩みかなぁ~って私は思います。だって海外に行くと、お肌のお色が様々なので、男性器のお色も様々(カラーの幅が広い)。真っ白だったり、真っ黒だったりと個性にあふれているもの。
他人の女性器をなかなか見る機会はないから色味って分からないけど、「アソコの色」について海外女性は、日本人ほど気にしていない気がします。そんな話題になったこともないかも。

そして締まり具合。日本人の女性のアソコの締まりって、世界平均でみるとタイトだと絶賛のご意見ばかり聞くので全く問題無いように思います(もはや世界的に見たら日本女性はみんな名器なんじゃないかと思う)。でも、緩いって言われたらいやだな……傷つくよね。
また、日本人の中では、「黒ずみ=遊んでる」みたいな都市伝説があるから、ピンク色のアソコが良いというイメージが付いちゃったのでしょう。
だから気になっちゃって、心に棘が刺さったような悲しい気持ちで毎日過ごしているという場合は「アソコの整形」をして、自分がハッピーになれるならアリだと私は思います。

でもです。整形にはリスクもありますから、きちんと調べて理解して。どんな手術でも失敗する可能性がある、失敗した場合は受け入れる覚悟で手術に踏み切ったほうが良いと思います。

そもそも、アソコの色や締まりに関してあーだこーだ言ってくるような男はノーサンキュー、次に行きましょう(笑)!

前後の連載記事