運命の人かどうかを気にする前に

LGBTのためのコミュニティサイト「2CHOPO」の記事をご紹介!今回は、トロントに暮らすゲイのキャシーさんのセックスや恋愛に関するコラムです!あなたにとって運命の人とは...?

LGBTのためのコミュニティサイト「2CHOPO」の記事をAMでご紹介させて頂けることになりました!
今回は、キャシーさんの「セックス・アンド・ザ・キャシー」の記事です。

LGBT ゲイ キャシー カナダ トロント 2CHOPO 恋愛
キャシー


  「どうしたら今付き合ってる人が運命の人だってわかるの?」
 友達からいきなりこんなメールが届いた。
「ラブコメの見過ぎ?」とそっけない返事をする前に、少しその答えについて考えてみることにした。

 今の彼氏とはもうすぐ交際して4年になる。
今でもラブラブだし、なんでもカジュアルに話し合える仲だ。
共通点もたくさんあれば相違点だって多い。
セックスしたい日もあれば、したくない日もある。
お互いの顔を見たくない日だってある。
そんなでこぼこ道に当たることもあるけれど、なんだかんだ安定している。
しかし、明日何かあって突然破局することだってあるかもしれない。
この関係で唯一確かなことは、それが完璧からは程遠いということだ。
今の彼氏を運命の人と呼べるのかと聞かれれば、返す言葉はこれしかない。

「運命の人って何?」

 この世でただ一人、恋に落ちると生まれる前から運命付けられた人じゃないの?
そんな答えで簡単に片付けられるほど、この問題はシンプルじゃない。
深く考えずに使われている言葉ほど、意味があやふやなことが多い。
ソウルメイトだったり、赤い糸の人だったりと、そのバリエーションも豊かだ。
運命の人と一口に言っても、その定義はきっと多種多様だ。
「運命の人 見分け方」とググれば、胡散臭い記事がずらーっと出てくる。
もしかしたら、誰も確実な答えは持っていないのかもしれない。

 そもそも、運命の人がただ一人だって誰が決めたのか?
まるで人間みんな誰かと恋に落ちて、生涯共に幸せに暮らすみたいだ。
そんなのはおとぎ話の中にしか存在しない。
離婚率は相変わらず高騰し続けているし、独身として生きる人も増えている。
一生のうちに誰も愛さない人がいれば、何人もの人と恋に落ちる人もいる。
ライフスタイルが多様化した今、運命の人というコンセプトはいい加減に時代遅れだ。