年に一度しかないが手加減してほしい「最近買ってよかったもの」

カレー沢薫のカレーなる夫婦生活連載バナー

 危ねえところだった。
これを書いているのが8月10日、まさに夫の誕生日だ。
しかし、その前日ソシャゲの「Fate/Grand Order」(FGO)で水着ガチャが開始したのだ。

 FGOでの最推しである「土方歳三」が水着にならない時点で、すでに季節は晩秋ぐらいにはなっているが、このイベントがなくなると、私の夏の予定はマジでゼロになってしまう。
せめて、最推しはいなくても、男の水着キャラは全員侍らせて、髑髏の杯で飲むヨーグルトぐらい飲まなければやっていられない。

 つまりガチャを回さなければならないのだ。

 ガチャというのは甲子園以上に筋書のないドラマである。しかも終わりもないので平気で10万回裏とかまで試合が続いてしまうし、その結果泣きながら甲子園のマナプリを袋に詰めて帰ることもままある。

 つまり、夫の誕生日がどうなるかは全てこの試合にかかっている。しかも去年とは戦力が違う。何せ今年の私は無職だからだ、例年なら夏のボーナスを夫の誕生日費にしていたが、今年はそれがない。
戦力的には、エースがいなくなったどころか、メンバー不足で、囲碁部とかから一番足の速い奴を集めて来ている状態だ。

 つまり「ガチャは回す」「夫の誕生日も祝う」。「両方」やらなくっちゃあならない、つらい立場ということである。

 おそらく去年も全く同じことを書いた気がする、いちいち見返したりはしない、何故なら水着も夫の誕生日も必ず夏にやってくるのだから、確実に言っているし、来年も絶対同じことを言うに決まっている。
こればかりは「夏は全裸」という文化になるか、夫の製造年月日の記載に誤りがあった、という事実が発覚するしかない。もしそうなったとしても、前者の場合「全裸ガチャ」を回さねばならないだろう。

 よって今年の戦いは去年より格段に厳しい。結果によって、禁じ手の「肩たたき券」が炸裂してしまう。
皆さまとしては、誕生日に夫に金を借りるという、逆誕プレをして、結婚生活がゲームセットという展開が望ましいだろう。

 しかし、申し訳ないが、結果から言うと「2万円ほど使って無課金で出すことが出来た」
つまらない結果で重ね重ね申し訳ない。

 おかげで、今朝も忘れずに夫に誕生日おめでとうと言うことが出来た、さすが2万円を使ってタダで推しを出す女は仕事が出来る。

 夫はというと、何故か私より自分の加齢を憂いているようで、大して嬉しそうではなかった。
これは夫がオタクではない故「誕生日にソシャゲの推しに誕生日メッセージが貰える」という楽しみがないせいだ。
片やこちらは、「この年になったらおめでとうじゃないわよ」と、中年女のテンプレ自虐をすることなく「静かなところで推しの祝辞を聞きたいので、失礼」とさっさと席を立つことが出来るのだ、オタクで本当に良かった。

 しかし、今日夫は会社の飲みという事でお祝いはまた後日である。ちなみに、夫の飲みは今週2回目だ。自分が言うのもなんだが良く金がもつなと思う。