カワウソの結婚

正気で結婚できるか―適量を見極めてスピる話/カワウソの結婚

「結婚、やってみよう!」と決意したものの、面倒くさい婚姻の手続きの要所要所で正気に戻ってしまうカワウソ祭さん。マリッジブルーっぽくなってきたとある日、カーラジオから聞こえてきた宮沢章夫さんの番組が、適量なスピリチュアル成分で結婚へ背中を押してくれました。

仰向けに寝転がってラジオを聴く女性の画像
by Rirriz

 カワウソです! 前回はメタルラックをdisり、最終的にのろけるという暴挙を働きましたが、今回は婚姻届の提出前後の話です。この時期に感じる不安や憂鬱をマリッジブルーと呼ぶらしいですが、マリッジブルーってこれで合ってるんだろうか……。

めちゃくちゃ正気になる

 いきなり結婚を決めたとはいえ、時間をかけて準備を進めた我々。親しい友達への紹介、それぞれの両親への挨拶、引っ越し準備と同棲開始、両親同士の顔合わせ、好奇心で結納をやってみて……と、段取りは滞りなく進み、あっという間に婚姻届の提出日がやってきました。

 婚姻の手続きは思いのほか面倒で、時間がかかりました。婚姻届を受け取り、本籍地から戸籍謄本を取り寄せて、証人に署名をもらって、新しい本籍地を決めて、間違わずに書類を書いて、区役所に行って、提出……。面倒くさい! でもそのおかげで、複数回正気に戻るタイミングがあるのです。

 戸籍謄本取り寄せの請求用紙を書き、小為替を買い、返信用封筒を準備して……ハッ!? 結婚するのか?!
友人夫妻に婚姻届の証人を依頼して、予定を合わせ、手土産を買い、移動して……ハッ!? 本当に結婚するのか?!
何回もポイントを通過するので、まるっきり正気の沙汰で書類を提出することになる。知り合って○日で結婚! 的な話に聞き覚えはあるものの、婚姻届を出すのであれば、それまで熱に浮かされ続けるのは至難の業に思えました。

 恋人 a.k.a. 夫と共にめでたく婚姻届を提出したカワウソは、正気ポイントを通過しすぎて正常な正気の閾値を超え、ビビれるだけビビり散らかしていました。