• love
  • 2017.12.11

正気で結婚できるか―適量を見極めてスピる話/カワウソの結婚

「結婚、やってみよう!」と決意したものの、面倒くさい婚姻の手続きの要所要所で正気に戻ってしまうカワウソ祭さん。マリッジブルーっぽくなってきたとある日、カーラジオから聞こえてきた宮沢章夫さんの番組が、適量なスピリチュアル成分で結婚へ背中を押してくれました。

仰向けに寝転がってラジオを聴く女性の画像
by Rirriz

 カワウソです! 前回はメタルラックをdisり、最終的にのろけるという暴挙を働きましたが、今回は婚姻届の提出前後の話です。この時期に感じる不安や憂鬱をマリッジブルーと呼ぶらしいですが、マリッジブルーってこれで合ってるんだろうか……。

めちゃくちゃ正気になる

 いきなり結婚を決めたとはいえ、時間をかけて準備を進めた我々。親しい友達への紹介、それぞれの両親への挨拶、引っ越し準備と同棲開始、両親同士の顔合わせ、好奇心で結納をやってみて……と、段取りは滞りなく進み、あっという間に婚姻届の提出日がやってきました。

 婚姻の手続きは思いのほか面倒で、時間がかかりました。婚姻届を受け取り、本籍地から戸籍謄本を取り寄せて、証人に署名をもらって、新しい本籍地を決めて、間違わずに書類を書いて、区役所に行って、提出……。面倒くさい! でもそのおかげで、複数回正気に戻るタイミングがあるのです。

 戸籍謄本取り寄せの請求用紙を書き、小為替を買い、返信用封筒を準備して……ハッ!? 結婚するのか?!
友人夫妻に婚姻届の証人を依頼して、予定を合わせ、手土産を買い、移動して……ハッ!? 本当に結婚するのか?!
何回もポイントを通過するので、まるっきり正気の沙汰で書類を提出することになる。知り合って○日で結婚! 的な話に聞き覚えはあるものの、婚姻届を出すのであれば、それまで熱に浮かされ続けるのは至難の業に思えました。

 恋人 a.k.a. 夫と共にめでたく婚姻届を提出したカワウソは、正気ポイントを通過しすぎて正常な正気の閾値を超え、ビビれるだけビビり散らかしていました。

人生に怯えるカワウソ

 結婚したからには、自分同様に相手の人生を大切にしなければ。ずっと共に稼ぎ、共に家事ができるとは限らない。どちらかを完全に養なう事もあるかもしれない。子どもができたらもっと責任が増える。病めるときも健やかなるときも、いつもその責任を全うできるだろうか。
カワウソはビビりまくり、緊張してガチガチ君となって、想定されるライフイベントや、必要とされる貯金や資産運用のこと、育児や教育、公的な補助制度などを調べまくりました。
その結果、「セーフティネットはちゃんとある。ただし網目は粗く、よほど深刻な場合しか頼れない」という印象を持ちました。本当に限界までヤバいときの助けはある。ただ、普通の生活を保とうと思うと、無限に泳ぎ続けなければ、一瞬で溺れてしまいそう。

 ガチガチ君が一生懸命「あれもヤバい」「これはどうしよう」と話しても、夫は「今すぐできないことは気にしないのが一番だよ」と取り合ってくれません。できることがないのが一番恐ろしいのに! マリッジブルーってこれ?!

とある日のラジオ

 そんなある日、義両親の運転する車に乗った時のこと。カーラジオが流れ、パーソナリティが聞き覚えのある声で話していました。
「あっ、宮沢章夫だ! エッセイが面白くて大好きなんですよ」
カワウソが喜んで話すので、義両親も面白がって一緒にラジオを聞いてくれます。
「昔、両親と車に乗ってたら、ラジオで『牛への道』の序文が読み上げられたんです。ある寒い夜、宮沢さんは自動販売機で温かい缶コーヒーを買おうとする。お金を入れ、ボタンを押すと、なぜか冷たいスポーツドリンクが出てきた。ぎょっとして、もう一度お金を入れ、別の缶コーヒーのボタンを押すと、また冷たいスポーツドリンクが出てくる……」
「その話があんまり面白くて、大笑いして、すぐ父に本を買ってもらって……あれから、もう20年くらいになりますね」

宮沢章夫『牛への道』書影
宮沢章夫『牛への道』

 番組では、電話を繋がれた女性リスナーが自己紹介をしています。
「こんにちは。私は昔から宮沢さんのエッセイの大ファンです。最初の出会いはラジオで『牛への道』の序文を聞いたことでした」
宮沢章夫は笑って、「ありがとうございます。あれは貴重な体験でしたね~」と語りかけ、女性リスナーは「私も朗読していいですか?」と許しを得て、今カワウソが話したばかりの自動販売機の話を読み上げ始めたのです。

 サーッと血の気が引きました。20年前に家族で聞いたのと同じ放送を聞いていた人による、ほぼ全く同じ内容のラジオ番組を、新しい家族と共に聞いている。嬉しいとも怖いともつかない、あまりにも奇妙な感覚に襲われ、しばらく黙りこんでしまいました。

しつこいほどのシグナル

 奇しくもこの出来事が、行き過ぎた正気を引き戻してくれることになりました。
カワウソはオカルトやスピリチュアル的なものがそこそこ好きで、宗教や信仰を調べるのも好きです。占いも例外ではなく、時折ホロスコープや断易に頼ります。
夫と出会ったころも、友達の魔女にホロスコープを見てもらい「100点だよ! 珍しいね」とお墨付きをもらっていました。

 また、夫の出身地は偶然にもカワウソの母方一族と同じです。これに喜び、母方の祖母と引き合わせたとき、夫と祖母の誕生日が同じだと分かりました。実はカワウソと母は誕生日が同じなので、カワウソ一族は誕生日に思い入れがあり、この偶然は大いに歓迎されました。

 他にも色々な偶然の一致があったものの、正気すぎてあまり気に留めていませんでした。
しかしラジオの件で、神か仏か、何者かは分からないけど、しつこいほど「ええから、大丈夫やから」と言われているように感じたのです。

適量スピって現実に立ち向かう

 自分に起こった偶然が全て重要なシグナルだとは思わないけれど、これだけ重なると、いい加減納得がいく。お互いに、明らかに縁があるから結婚したのだ。だから、この先の人生が上手くいくとは限らなくても、この結婚そのものに間違いはないんだろう。
ある程度の道が見えていて、あと少し何かに背を押してほしいとき、スパイス程度にひとつまみスピると役に立つ。カワウソの神っぽいものが、大丈夫や! と言っているのが聞こえる……。

カワウソの神の彫刻
カワウソの神です。心配せんでも大丈夫やで!

 もうコツコツ埋めていくToDoリストはない。提出〆切が迫る書類もない。“より良い人生”のための作戦は練った方がいいけど、まだ焦る時じゃないな。

“丈夫”の語源は「心身ともに立派な男」だそうです。心身ともに立派な大男が“大丈夫”だとしたら、大柄で落ち着いた夫は正にそれである。
カワウソが散々ビビってガチガチ君になり、クルクル回り、少々スピって勝手に落ち着くまでを見守っていた“大丈夫”は、「しばらくは、ただ楽しく暮らせばいいんじゃない?」と言って、晩酌の用意を始めました。
家族を守るつもりで息巻くカワウソの出番は、まだ先のことになりそうです。


(つづく)


Text/カワウソ祭

次回は<意外と大変な「ナシ婚」―型にはまり損ねた話/カワウソの結婚>です。
結婚が決まったら両家顔合わせ、結納、結婚式、披露宴。そんな昔のめんどくさい風習はまだまだ根強いです。やりたくないならナシ婚、地味婚もできるけど、よく考えてみると昔からの習わしには残ってきた意味があります。実際やってみるとそれはそれで面倒なナシ婚。実態はどうなのでしょうか?

ライタープロフィール

カワウソ祭
山から降りて里にまぎれ、人に化けて暮らすカワウソ。
今月の特集

AMのこぼれ話