死ぬまでには観ておきたい映画のこと

伏線が回収される快感!三池崇史監督×櫻井翔の規格外サスペンス『ラプラスの魔女』

硫化水素中毒で死亡する事件が連続して起きる。地球化学専門家・青江がその真相に迫る中、未来を予見できる謎の女・円華に出会う——。三池崇史監督×櫻井翔主演の規格外のサスペンス。

「ラプラスの魔女」宣伝画像①
©2018「ラプラスの魔女」製作委員会

 単なる偶然か、はたまた事件か。〈予知〉という不可能な殺人事件の謎を追う教授が、やがて出くわす衝撃の真相とは――。

 東野圭吾の同名小説を、『ヤッターマン』以来のタッグとなる三池崇史監督×櫻井翔主演で映画化。
広瀬すず、福士蒼汰といった日本映画の未来を担う若手俳優、そして高嶋政伸、壇れい、豊川悦司などベテラン俳優たちが名を連ねる。

主演クラスの役者が一堂に会する

「ラプラスの魔女」宣伝画像②
©2018「ラプラスの魔女」製作委員会

 櫻井翔が知性と天然を併せ持つキャラクター青江を演じきる。気丈に振る舞いながらもいつもどこか抜けていて、助手の奥西の冷静なツッコミがないと暴走しそうな子どものよう。母性本能をくすぐる天才タイプの青江の視点で、観る者は数々の真相に直面していく。

 未来を予知できる謎の女・円華を演じる広瀬すずもまた、近年出演の青春映画では見られないクールな一面を披露し、新たな魅力を発揮している。そして事件の秘密を知る青年・甘粕謙人役の福士蒼汰はミステリアスな演技で、複雑なミステリーをより深い迷宮に誘ってくれる。そこに後悔を背負うことがなく惹かれ合う二人の心の揺れ動きを、ワンカットで捉える市街地のシーンはスリリングだ。

 他にもリリー・フランキーや壇れい、豊川悦司などと「映画何本分?」と錯覚するほど、贅沢にも程がある主演クラスの役者が一堂に会し、共演するだけでも十分心が踊ってしまう。