• love
  • 2017.08.29

不倫は「よくあること」なのに、なぜ女性ばかりが責められてしまうの?

大人になると、意外とまわりに不倫経験のある男女が多いことに気がつきます。結婚して以降の恋愛って実は「よくあること」なはずなのに、どうして女性ばかりが苛烈に責められてしまう風潮があるのでしょうか? していい、というわけではないけれど、してしまったおとき。大人はどうすればいいんでしょうか。

肉乃小路ニクヨのニューレディー入門

 先日世界的に有名な俳優さんが奥さんの病気療養中に不倫をしていたのが発覚して
謝罪会見をしていました。
会見中責められてはいましたが、去年のベッキーさんやその前の
矢口さんと比べると活動自粛もありません。
同じ芸能の仕事をしているのにです。

 たしかに世界レベルのお仕事とお茶の間のテレビタレントという
違いはありますが、それにしてもあまりの待遇の違いにびっくりします。
偉い落語家さんの不倫も同様でした。彼はその後も人気テレビ番組に出続けています。

 私は男達も同様に活動自粛しろと言いたいのではありません。
だったら女達の不倫にもそんなに目くじらを立てる必要があったのか?
ということが不思議でならなかったのです。

真夜中の討論会

 この前、夜中にお店である女性と討論になりました。
どうして女達はこんなにも同性の不倫や浮気に手厳しいのか。
私達が出した結論は、女は古来、子を産み、家庭を守り、育て生き延びるというのを
本能的にやって来た。だから女の本分はサバイブ(生き延びること)であった。
対して男は古来、労働、働いて糧を得ること、良い女がいたら自分の子孫を残すことを
本能的にやって来た。だから男の本分はハント(狩猟)であった。

 男がセックスするのは仕方がない。
外に出るのが仕事だし、そこで良い女に会ってしまったのならセックスもあるだろう。
でも女がセックスを他の男とするのは許せない。
本来ならば家庭を守り、子を育て生き延びるというのが役目なのに、
それをせずにセックスをして、しかも自分の男もたぶらかすかもしれない。
それは自分のサバイブを根底から揺さぶる。絶対に許せない。

 こんな思考が無意識下で細胞レベルで行われているのではという
結論に達しました。書き起こして見ましたが、まあまあ真髄をついている
ような気がします。でも書きながらこれもちょっと古いなぁと思いました。

昼顔ヒットから垣間見える世代間のジェンダー意識の相違

 最近は昼顔というドラマ・映画が流行ったように
男女差の無意識にある役割分担が薄れ、女性もかつての男性と同じように
セックスを楽しむようになって来ました。
このAMの私以外の連載でもわかるように、女性の性に対する姿勢は進んで来ました。
私はこの傾向はいいことだと思います。
男女平等が進み、いつまでも恋愛を楽しむ力のある
経済的に自立した女性が増えた証だと思います。

 ベッキーさんや矢口さんが叩かれたのは彼女達がテレビを主戦場として
活動をしていたからです。
テレビというメディアは残念ながら視聴者が高齢化しました。
高齢層はやはり古来の価値観で育った方が多かったので、
女の不倫に手厳しいのです。
昼顔はフィクションだったし、
放映の時間帯がちょっと遅かったから助かったのかなと思います。

 高齢者の他に彼女達に厳しかったのは
ネットなどで盛んにコメントしていた
アイドルやタレントに幻想を抱いていたり、
正義を振りかざすのに夢中な精神年齢が中学生くらいの男女です。

 もう分別がついたら、
そんなこと男女の間ではよくあることで、
当事者間で解決できれば、周りはどうこういういうことじゃない

ってことを私の世代以降の方たちは思っていたと思います。

 ちなみに私自身はそんなに何股もかけて恋愛をするほど
元気でもないですし、恋愛や性愛以外に興味があることが沢山あり過ぎて
多分同時に複数の恋愛はしないタイプだとは思います。
綺麗事ではなくて、体力と時間の問題。
でもできる人は時間とお金と自分の子供に迷惑をかけなければ
もう少し自由に恋愛しながら生きてもいいのではないかと思います。
エンジョイ!人生。

Text/肉乃小路ニクヨ

次回は<「明るくてきれい」へのプレッシャー。翳りが薄い現代の明暗を考える。>です。
心のよどみは自然と溜まっていってしまうものですが、SNSに愚痴を投稿してばかりでは周りに寄ってくるのは変な人ばかりになってしまいます。昔に比べて生きやすくて明るい世の中だからこそ、暗いところを無理に隠す必要もないかもしれません。

ライタープロフィール

肉乃小路ニクヨ
東京の片隅でひっそり生き続けるちょっぴりしょっぱくてサワーなニューレディー。オーバー40歳、崖っぷち女装
今月の特集

AMのこぼれ話