• love
  • 2017.08.22

「かわいそうな私」は蜜の味。不幸自慢をいますぐやめたほうがいい理由

ツイッターの愚痴アカウントやインスタグラムのポエム。自分から発信できる媒体でネガティブな発言ばかりしていたりしませんか?そんな愚痴に共感してくるのはそれを面白がるゲスい人たちばかり。愛してくれる人に大切にされたければ見世物はやめるべきかもしれません。

肉乃小路ニクヨのニューレディー入門

 有名な俳優さんと女優の奥さんが離婚問題で泥沼となり、
YouTube で一方が情報を暴露したりして大変ですね。
私は俳優さんの方が大変だなぁと思いながら、最初は面白がって見ていましたが、
2〜3回目くらいから追うのをやめました。

 だって夫婦の離婚なんて考えればよくある話だし、
途中で気付いたんです。この一方的に暴露している女優さんは楽しんでやっているなと。

負の感情がもたらす快楽

 人を憎んだり、恨んだり、呪ったりすることは快楽です。
憎んでいる間、恨んでいる間、呪ったりしている間、
自分を省みる必要が無くなるからです。
客観的に見れば、離婚なんてどっちかだけが一方的に悪い
ということなんかありません。
自分の非を省みないで、相手を一方的に罵る時間は自分に何の成長ももたらしません。

 ただ、もちろん人生は綺麗事だけではいきません。
私だって仙人や解脱者でもないので、憎んだり、恨んだり、呪ったりすることもあります。
衝動的にね。でももういい加減42歳なんでわかるんです。その時間は無駄だと。
たしかに人生に無駄は付き物ですし、自分を省みない快楽の時間も
ある程度は必要だと思います。

 憎んだり、恨んだり、呪ったりの言葉を吐いている時に
あなたの周りに集まって来る人達は
あなたの下衆い感情を面白がるだけの輩(やから)です。
本当に自分を助けてくれる良心的な人達には距離を置かれます。
下衆い人達はあなたが一通り不幸になったのを見届けると
面白い見世物が終わって、新しい見世物を探しに行くように
サッとあなたから離れていきます。
気が付くとあなたは一人ぼっちです。
そこから信頼や仲間を取り戻したり、新たな関係を築くのに
どれだけの時間と労力を費やさなければならないか。

 まるで見てきたみたいに言うねって思うかもしれませんね。
そうです。私が経験したことです。
だから昔から才能があって可愛くて、ずっとネクストブレイクと言われつつも、
女装22年目にしてブレイクしていないんですよ。ほほほ。
なんで負の感情を撒き散らすのをやめられなかったのかというと
他人に責任を転嫁している間は楽だったからなんです。

 この女優さんの場合、一方的に自分の言い分を吐き出した上に、
ブログやYouTube から広告収入まで手にしてしまう。
本業だった演技力を活かせる。自己顕示欲も満たされる。
やめられないですよね。

ショウガールの宿命

 泥沼離婚の女優さんのYouTube には、
してやったりといった表情が見受けられました。
三流芝居のドヤ顔と同レベルの芝居なのにね。
なんかそういうのを見ると悲しくなってしまって、
良い役者さんでもあったのに勿体無いなと思ったのです。

 ここまで来たら、きっと彼女はきっちり不幸になるまでマスコミや下衆い人達に
人生をしゃぶられ続けるでしょう。
自分で不幸になる種を蒔くところをショウアップして流してしまったのです。
それを刈り取るまで、ショウを続けなければなりません。

 その間にあんなに良くしてもらったのに、
あんなに優しくしてもらったのにという後悔に苛まれると私は思います。
女は過ぎたことは忘れるものよというかもしれません。
でもそれは一人で抱えて乗り切った場合です。
負の感情を撒き散らしてしまえば、代償として、周囲からことあるごとに
忘れようとしたことを思い出させられるのです。

 今はYouTube まではハードルが高いですが、
SNSで簡単に負の感情を撒き散らせる時代です。
人の振り見て我が振り直せ。
痩せ我慢かもしれないし、エエカッコシイかもしれませんが
出来るだけ素敵な人に囲まれて生きた方が実りも多く、
成長も多い人生になると思います。

 あなたはそれでもぶっちゃけ人生を選びますか?

Text/肉乃小路ニクヨ

次回は<不倫は「よくあること」なのに、なぜ女性ばかりが責められてしまうの?>です。
大人になると、意外とまわりに不倫経験のある男女が多いことに気がつきます。結婚して以降の恋愛って実は「よくあること」なはずなのに、どうして女性ばかりが苛烈に責められてしまう風潮があるのでしょうか? していい、というわけではないけれど、してしまったおとき。大人はどうすればいいんでしょうか。

ライタープロフィール

肉乃小路ニクヨ
東京の片隅でひっそり生き続けるちょっぴりしょっぱくてサワーなニューレディー。オーバー40歳、崖っぷち女装
今月の特集

AMのこぼれ話