人妻は不倫の夢を見るか?

どうでもいい蕎麦屋での「共通の経験」がわたしと恋人を結びつける

大泉りかさんが、近所の名店をあらかた行き尽くして、恋人に誘われたのは一番近所にある何の変哲もない蕎麦屋。いざ入ってみるとその味は……。何てことない経験の積み重ねがカップルを強く結びつけるのかもしれません。

いちばん近所の蕎麦屋に彼と

ざる蕎麦のフリー画像
by Masaaki Komori

 先週まで書いてきた、新しく一緒に暮らし始めた恋人は、プロレスや映画、特撮といった、サブカルチャーをモチーフとしたTシャツブランドの代表兼デザイナー。近所に実店舗を構えているものの、デザイン作業は自宅ですることも多く、一方のわたしも外に事務所などを借りていなかったため、2Kのアパートの一室は、自然とふたりの仕事部屋になりました。

 ふたりの1日は、昼前に目を覚まし、テレビを観ながら、わたしが作ったごはんを一緒に食べて始まります。その後、本棚を真ん中に置いて互いのスペースを仕切ってある、それぞれのデスクで作業。夜になると彼は、もう1店舗経営しているバーカウンターに立つために出掛け、わたしはわたしで、友人を誘って晩御飯がてら外で飲んだりして、彼の店に顔を出すのは時々。ようするに、恋人と一緒にごはんを食べるのはランチが主で、夜は別々というのが、我々の生活の基本的なパターンでした。

 わたしは、料理を作ることは苦にならないというか、むしろ好きなほうでした。おまけに新しい恋人は、前の恋人とちがって好き嫌いがなく、たとえおかずが納豆しかなくても「たまにはこういう質素なご飯って美味しいよね~!」と逆に喜びを見出してくれる人でした。だから、毎日昼食を用意することには、なんのストレスもありません。

 しかし彼は、外食も好きな人だったので、週に1回くらいは「今日は外で食べない?」と誘われるのが常でした。もちろんそれに異論はなく、ほどよいところで仕事の手を止め、すっぴんにダテメガネをかけ、自転車で連れだって駅前あたりや商店街へとくりだします。

 行列の出来るラーメン屋や、ドラマ「孤独のグルメ」にも登場したアフガニスタン料理の店、安定感のあるネタが出てくるチェーンの寿司屋、隠れた名店として知られている韓国料理屋、学生時代の若乃花貴乃花の行きつけだったという中華料理屋など……一通り、近所の繁盛店や、食べログ人気店、気になっていた店をほぼ制覇し終えたある日のこと、恋人が「ここ、入ってみない?」と提案したのは、家から最も近くにある蕎麦屋でした。